Created on | Updated on

10月バージョンのSubstance Designer登場。新しンジン、より速いグラフ、直感的なパラメータなど

全てにおいて今までと違うSubstance Designerを探索する準備をしましょう! 今回のアップデートでは、全体的に改善されています。新しいエンジン、多くの新しいノードと新しいオプション、パラメータの公開時間が大幅に改善されています。変更点の全リストはリリースノートをご参照ください。

新エンジンV8

Substance Engine V8で、"Substance Designer "がさらに一歩前進します。新しいエンジンによりこれまで不可能だったツール群を開発することができました。新しいツールたちにより、可能性の限界に挑戦してみてください!

新しい距離計算

Distanceノードにはより多くの種類があります。私たちは以前からEuclidean distance modeを使用してきましたが、新しいManhattanとChebyshev distancesで可能性を広げることができます。

mceclip0.png

mceclip1.png

mceclip2.png

より滑らかなグラデーション

スーパースムースなグラデーションが登場! 新しいスムース補間モードでは、より自然な色の融合を得ることができます。以下は、現在の3つの補間モードを示す図です。

mceclip3.png

mceclip4.png

mceclip5.png

より簡単なカーブ

新しいエンジンのおかげで、Curve ノードにも新しいオプションが追加されました:カーブテクスチャが出力可能になりました。グレースケールでのみ機能しますが、このモードのすばらしい使用法を思いつくことができます。

mceclip6.png

Input Imageの初期値

Input Imageは、入力が提供されていないときに使用される初期色を持つことができるようになりました。 これにより、ノードにオプションの入力を簡単に追加できます。プラグを抜いた入力を意味のあるものに置き換えることができます。

mceclip7.png

エンジンのアップグレードによってアンロックされた新機能の詳細な内訳を知りたい場合は、こちらのチュートリアルをご覧ください。

 

新しいフィルタ&オプション

Tile Generator とTile Samplerで形状のサイズを調整するための新しいオプションが追加されました。

- Keep ratio: タイルの比率を保ちます
- Absolute: タイルを最終画像の幅に対して事前に定義されたパーセンテージに保ちます。
- Pixel: タイルのサイズをピクセル単位で定義します。

mceclip8.png

常に必要とされていたThresholdフィルタがついに登場しました! バイナリ画像用のヒストグラムスキャンよりもずっと便利に使えるはずです。

mceclip9.png

このチュートリアルでは、新しい内容を解説しています。

パラメータを公開

作業の汎用性を高めましょう:パラメータを公開し、他のユーザーに真の多目的マテリアルへのアクセスを提供します。これこそがSubstanceの驚くべき価値の一つであり、多くの潜在的なユースケースに適応できる単一のテクスチャセットを作成する能力です。メニューをより直感的になるように作り直しました。 より多くのコントロールにアクセスし、何ができるかをよく理解してください。UIの一貫性が高まり、公開されたパラメーターがより見やすくなります。

パフォーマンスの向上

チームは常に、より強く、より良く、より速く、より強い素材に取り組むためのツールを与えたいと考えています。これを実現するために、パフォーマンスの向上に取り組みました。ノードの計算は、最初に興味のあるノードに焦点を当て、次に中間ノードのキャッシュを計算するようになりました。 ノードの操作中に、2つの連続した計算に気がついたら、それが原因です。

ベーカーでは、GPU レイトレーシングを使用したマップの計算が、最後にパディングの後処理を適用するよりも高速になったことに気付きました。今回のリリースでは、この部分の改善に取り組み、全体のベイク時間を約70%のスピードアップに導きました。下の動画をご覧ください。

アイコン

PBR Render Nodeを覚えていますか?前回のSubstance Designerリリースのために本気で改良したもので、今回はそれを使用しています。この気の利いたツールを使えば、自分のマテリアルの自動アイコンを作成することができます。

こちらをチェックしてください。

さらに良いことに、Displacementはphysical sizeアトリビュートに基づいて計算されます。

アイコンについてもっと知りたい場合は作成したチュートリアルをご覧ください。

Iray RTX 2020.1

近々登場する新しいNVIDIA GPUのために、Irayをアップデートしました。このアップデートを最大限に活用するために、Windowsの場合はNVIDIAドライバを456.38(Linuxの場合は455.23)にアップデートすることをお勧めします。

このIrayのアップデートにより、MDL 1.6もサポートするようになりました。

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ