Created on | Updated on

ライセンスのトラブルシューティング

一般的なもの

このセクションでは、Redshift ライセンスツールでノードロックライセンスを有効にしたときに表示される可能性のあるエラー(ノードロックまたはフローティング)や、初めてレンダリングしたときに表示される可能性のあるエラー(ノードロックまたはフローティング)について説明します。

レンダリング時のエラーは、イメージと Redshift ログファイルの両方に表示されます。

Redshiftのノードロックライセンスを購入したのですが、Redshiftのライセンスツールが見つかりません!

このドキュメントでは、Redshiftライセンスツールの場所について説明します。

この場所にライセンスツールが見つからない場合は、Redshiftのデモ版をインストールしている可能性が高いです。そのバージョンにはライセンスツールが含まれておらず、常に透かしが入った状態でレンダリングされています。

その場合は、このリンクからカスタマー版をダウンロードしてください: https://www.redshift3d.com/product/download。このページにアクセスするには、ライセンスを購入した時と同じアカウントでredshift3d.comにログインする必要があります。

MaxonからRedshift C4Dの定期購入をしましたが、まだ透かしが表示されています!

もしMaxonから新しく購入したRedshift C4Dサブスクリプションライセンスで透かしが表示されている場合、Redshiftのデモ版をインストールしている可能性が高いです。そのバージョンでは、常に透かしが表示されます。

その場合は、このリンクからカスタマーバージョンをダウンロードしてください: https://www.redshift3d.com/product/download。このページにアクセスするには、ライセンスを購入した時と同じアカウントでredshift3d.comにログインする必要があります。

ノードロックライセンスのメンテナンスを延長しましたが、「あなたのサポートとメンテナンスは期限切れです」と表示されます。

このエラーは、Redshiftライセンスツールを使用してメンテナンスエクステンションを設定していないため発生します。

詳細については、メンテナンスエクステンションのドキュメントをお読みください。

Linux上でノードロックライセンスを使用していますが、頻繁にライセンスを修理したりリセットする必要があります。

これは通常、/var/tmp/redshiftフォルダが削除されたり空になったりした場合に発生します。ディスククリーンアップツールの中には、/var/tmpのすべての内容を削除するものがありますが、これは重要なRLMのノードロックされたライセンス情報も削除してしまいます。

var/tmp/redshiftを削除しているスクリプトやユーティリティがないことを確認してください。

Redshiftライセンスツールのエラー:"Unable to connect to to Redshift activation server" または "Read error from network (-105)" または "License Generator not found at this URL (-1306)"

このエラーは、いくつかの理由で発生する可能性があります。

インターネット接続不可

ライセンスをアクティベートする際には、インターネットにアクセスできることを確認してください。

インターネットサービスプロバイダ(ISP)が通信をブロックしている可能性があります。

特に中国のお客様の場合は、まれにこのようなことが起こることがあります。別のプロバイダー(例えば、携帯電話を wifi-hotspot として使用するなど)を使用するか、プロキシを使用してみてください。

ファイアウォールやプロキシが通信をブロックしている可能性があります。

ファイアウォールやプロキシを設定して、通信を許可してください。
activate.redshift3d.com, ポート80およびポート443

または、一時的にファイアウォールとプロキシを無効にしてみてください。最初のレンダリングの後、それらを再び有効にすることができます

ウイルス対策ソフトが通信をブロックしている可能性があります

ごく稀ではありますが、発生したことがあります! 一時的にアンチウイルスを無効にしてみてください。最初のレンダリングの後、それを再有効にすることができます!

以前にRedshiftのクラックがインストールされていたかもしれません。

古いRedshiftクラックがWindowsの「hosts」ファイルを変更して、activate.redshift3d.comとの通信をブロックしていました。
ホストファイルの場所はこちらです:C:\Windows\System32\Drivers\etc\hosts

”hosts "ファイル(テキストファイルです)を開いて、Redshiftに言及している行が含まれているかどうか確認してください。もしあれば、その行を削除してファイルを保存してください。

他のクラックがある場合は、アクティベーションプロセスを妨害する可能性がありますので、それらをアンインストールしてください。

Redshift ライセンスツールのエラー:アクティベーションキーに適用するメンテナンス拡張機能がありません

Redshiftの最新バージョンを使用したい場合で、既存のライセンスのメンテナンス期限が切れている場合は、メンテナンス延長を購入することができます。

Redshift ライセンスツールのエラー:アクティベーションキー「XXXXX-XXXX-XXXX-XXXX」は既に使用されています。

このエラーは、ノードロックされたキーが他のコンピュータですでにアクティベートされており、現在アクティベートできないことを意味します。

別のコンピュータにノードロックライセンスがある場合は、そのコンピュータでライセンスを解除する必要があります (Redshift ライセンスツールを使用して)。これで、どのコンピュータでもライセンスをアクティベートできるようになります。

場合によっては、コンピュータのハードウェアの大幅な変更(マザーボードやディスクドライブの変更など)によってライセンスが無効になることがありますが、Redshiftはそのような場合にはそれを検知して自動的にライセンスを更新します。しかし、コンピュータ内であまりにも多くの変更があった場合、ライセンスをリセットしなければならない場合があります(下記を参照)。

ライセンスが現在、完全に破損しているか、紛失または盗難にあった場合 (その上で Redshift ライセンス ツールを実行することはできません)、Redshift ライセンス ツールを使用してライセンスをリセットすることができます。

これらのリセットは3回しかできません。だから、前述の緊急時にのみ使用し、他の(仕事や家の)コンピュータでライセンスを無効化するのを忘れたからではないことを確認してください!

Redshift ライセンスツールのエラー:ライセンスの修復に失敗しました

  • C:\ProgramData\Redshift フォルダ内のredshift-core.licファイルを削除して、再度起動してみてください。
  • 上記が機能しない場合は、C:\ ProgramData \ Reprise \ redshift \ redshift-coreも削除してみてください(フォルダーが空のように見えても、実行してください!)

Render-time error: Licese found but is not valid for this machine

このエラーは、ノードロックライセンスで発生する可能性があります。 これは基本的に、Redshift Licensing Toolでライセンスを更新する必要があることを意味します。 ライセンスを非アクティブ化/再アクティブ化するツールを実行してください。

これで問題が解決しない場合は、C:\ ProgramData \ Redshiftフォルダー内のredshift-core.licファイルを削除してから、もう一度アクティブ化してみてください

Render-time error: This version of Redshift does not support floating licenses

このエラーは2つのケースで出てきます。

フローティングライセンスを購入した場合:フローティングライセンスが有効なインストーラーへのダウンロードリンクが含まれているredshift3d.comからのメールを受け取っているはずです。 ダウンロードページのインストーラーの代わりにそれらのインストーラーを使用してください。

ノードロックライセンスを購入した場合で、このエラーが表示された場合は、一般的なRLMクラックがインストールされているか、古いRedshiftクラックがインストールされていることを意味します。どちらの場合も、クラックをアンインストールし、環境変数 redshift_LICENSE を削除する必要があります。

Render-time error: License subsystem failed to initialize (0)

ライセンスサブシステムの初期化に失敗しました (0)。このエラーは、次の2つの場合に表示されます。

フローティングライセンスを購入した場合: redshift3d.comからフローティングライセンス対応のインストーラへのダウンロードリンクを含むメールが届きました。ダウンロードページのインストーラーではなく、これらのインストーラーを使用してください。

ノードロックライセンスを購入したにもかかわらず、このエラーが表示される場合は、一般的なRLMクラックがインストールされているか、古いRedshiftクラックがインストールされていることを意味します。どちらの場合も、クラックをアンインストールして、redshift_LICENSE環境変数を削除する必要があります。

2つ目のケース(以前にインストールされていたクラック版のRedshiftやRLM)では、以下の点にもご注意ください。

古いRedshiftクラックがWindowsの「hosts」ファイルを変更して、activate.redshift3d.comへの通信をブロックしていました。

hostsファイルの場所はC:\Windows\System32\Drivers\etc\hosts

"hosts "ファイル(テキストファイルです)を開いて、Redshiftに言及している行が含まれているかどうか確認してください。もしあれば、その行を削除してファイルを保存してください。

その他のクラックがある場合は、アクティベーションプロセスに支障をきたす可能性がありますので、アンインストールしてください。

Render-time error: No license found

ノードロックライセンスを購入した場合は、Redshift Licensing Toolを使用してライセンスをアクティブ化してください。

フローティングライセンスを購入した場合は、フローティングライセンスのページで説明されているように、RLMサーバーと環境変数を正しく設定してください。

Render-time error: Failed to communicate with server or Unknown error. Code: 11

Redshiftで初めてレンダリングしようとするとき、ライセンスはオンラインで確認されます。 コンピュータの構成が変更されない限り、この検証は1回だけ行われます。 例:マザーボードまたはディスクドライブが交換された。 または、オペレーティングシステムが再インストールされた場合、または重要な方法でアップグレードされた場合(たとえば、Windowsアップデート)。

Failed to communicate with server」というエラー メッセージや、「"Unknown error. Code: 11」というメッセージが表示された場合は、このライセンス検証が完了しなかったことを意味します。

これは、いくつかの理由で発生する可能性があります。

インターネット接続不可

ライセンスをアクティベートする際には、インターネットにアクセスできることを確認してください。

インターネットサービスプロバイダ(ISP)が通信をブロックしている可能性があります。

特に中国のお客様の場合は、まれにこのようなことが起こることがあります。別のプロバイダー(例えば、携帯電話を wifi-hotspot として使用するなど)を使用するか、プロキシを使用してみてください。

ファイアウォールやプロキシが通信をブロックしている可能性があります。

ファイアウォールやプロキシを設定して、通信を許可してください。
activate.redshift3d.com, ポート80およびポート443

または、一時的にファイアウォールとプロキシを無効にしてみてください。最初のレンダリングの後、それらを再び有効にすることができます

ウイルス対策ソフトが通信をブロックしている可能性があります

ごく稀ではありますが、発生したことがあります! 一時的にアンチウイルスを無効にしてみてください。最初のレンダリングの後、それを再有効にすることができます!

以前にRedshiftのクラックがインストールされていたかもしれません。

古いRedshiftクラックがWindowsの「hosts」ファイルを変更して、activate.redshift3d.comとの通信をブロックしていました。
ホストファイルの場所はこちらです:C:\Windows\System32\Drivers\etc\hosts

”hosts "ファイル(テキストファイルです)を開いて、Redshiftに言及している行が含まれているかどうか確認してください。もしあれば、その行を削除してファイルを保存してください。

他のクラックがある場合は、アクティベーションプロセスを妨害する可能性がありますので、それらをアンインストールしてください。

Render-time error: Hardware change detected. Please exit your 3d app, run the Redshift Licensing Tool and deactivate/reactivate your license(ハードウェアの変更が検出されました。 3dアプリを終了し、Redshiftライセンスツールを実行して、ライセンスを非アクティブ化/再アクティブ化してください)

このメッセージの指示に従うだけで、この問題は解決するはずです。

一方、このメッセージが表示され続け、Windows を使用している場合は、WMI システムに問題があることを示唆している可能性があります。WMIシステムはWindowsの一部で、コンピュータを識別するのに役立ちます。

次の手順を試して、考えられるWMIの問題を修正してください。

  • まず、お持ちのアンチウイルスソフトウェアを無効にします。 たとえば、MalwarebytesがWMIアクセスに問題を引き起こしているのを見てきました。
  • 管理モードでコマンドプロンプトを開きます。以下の方法で行うことができます。
    • windowsキーを押して "command prompt "と入力します。コマンドプロンプトがオプションとして表示されますが、まだクリックしないでください。
    • それを右クリックして、ポップアップメニューから "管理者として実行 "をクリックします。
  • コマンドプロンプトウィンドウが開いたら、以下のように入力してください(各行の最後にEnterキーを押してください)。
    net stop winmgmt
    winmgmt /resetrepository
    net start winmgmt

上記を実行した後、Redshift Licensing Toolを再度実行して、非アクティブ化/再アクティブ化してみてください。

Render-time error: Your support and maintenance has expired

このエラーメッセージは、このバージョンのRedshiftは現在のライセンスでは使用できないことを意味します。

メンテナンスエクステンションを購入するか、現在のライセンスでカバーされているバージョンのRedshiftを使用することができます。最後に使用できるバージョンがエラーメッセージに表示されます。

もし、あなたが本当にメンテナンス用の拡張機能を購入したのであれば、Redshiftライセンスツールを実行してその拡張機能を主張してください! (そしてこのエラーを消してください)

注意点としては、Redshiftの全バージョンが以下のフォーラムに掲載されています。

2.5 (old) versions: https://www.redshift3d.com/forums/viewforum/36/

2.6 (current) versions: https://www.redshift3d.com/forums/viewforum/39/

3.0 (latest) versions: https://www.redshift3d.com/forums/viewforum/42/

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ