Created on | Updated on

フローティングライセンス

概要
MACアドレスとライセンスキー
ライセンスサーバのMACアドレスの取得
ライセンスサーバのホスト名の取得
ライセンスキーの取得
ライセンスサーバーの設定
システム要件
RLMライセンスサーバーのインストール
ライセンスキーのインストール
RLMライセンスサーバーの起動
ライセンスサーバーのポートのカスタマイズ
既存のライセンスサーバからのRedshiftライセンスのサーブ
クライアントマシンの設定
オプション1 - 環境変数
オプション 2 - クライアントライセンスファイル
RLMウェブサーバ

概要

Redshiftはフローティングライセンスの使用をサポートしており、ネットワーク上のすべてのマシン間でライセンスを共有することができます。フローティングライセンスの数によって、Redshiftで同時にレンダリングできるマシンの数が決まります。

フローティングライセンスを使用するには、ネットワーク上の1台のコンピュータにRLMライセンスサーバーソフトウェアをインストールする必要があります。ライセンスサーバーは、ライセンスキーを使ってRedshiftのライセンスを管理します。ライセンスキーは、同時にレンダリングできるコンピュータの数と、使用できるRedshiftのバージョンを定義します。

Redshiftはマシンごとのライセンスであり、GPUごとのライセンスではないことに注意してください。Onceライセンスを使用すると、1台のマシン上で任意の数のGPUを使用してレンダリングすることができます。

RedshiftはRLMライセンスサーバーのバージョン12.1BL3を使用しており、Windows(32ビットと64ビット)、Linux(64ビットのみ)、macOS(64ビットIntelのみ)をサポートしています。

  • RLMライセンスサーバソフトウェアは、こちら(Windows 64-bit)こちら(Windows 32-bit)こちら(Linux 64-bit)、またはこちら(macOS 64-bit)から入手できます。
  • バンドルには、一般的なRLMライセンスサーバーと特定のRedshiftライセンスデーモンの両方が含まれています。
  • Redshift ライセンスデーモンファイル (redshift.set と redshift.opt) もここで別途入手できます (プラットフォームに依存しません)。Redshift ライセンスデーモンは RLM サーバー v12.0 以上が必要です。

RLMに関する追加情報やトラブルシューティングのヘルプは、以下を含むRLMサポートサイトでご覧いただけます。

MACアドレスとライセンスキー

フローティングライセンス用のRedshiftライセンスキーを発行するには、イーサネットアドレス(「MACアドレス」または「ホストID」とも呼ばれます)と、ライセンスサーバーとして指定したコンピュータのホスト名を提供する必要があります。MAC アドレスは 12 桁の 16 進数です。表示方法はいくつかあり、例えば bcaec524d7c9、BCAEC524D7C9、BC-AE-C5-24-D7-C9 のように表示されます。

「オンボード」イーサネットアダプタ(マシンのマザーボードに内蔵)、マシンのマザーボードのPCIスロットに差し込まれたイーサネットアダプタ、モバイルUSBネットワークアダプタ(Wi-Fi、Bluetoothなど)を含む、システム上の各ネットワークアダプタのMACアドレスがあります。

モバイル・ネットワーク・デバイスを使用することで、例えばサーバー・マシンにハードウェア障害が発生した場合でも、フローティング・ライセンスを新しいライセンス・サーバー・マシンに簡単に移動させることができるため、モバイル・ネットワーク・デバイスを使用することが最良の選択となることがよくあります。

ライセンスサーバのMACアドレスの取得

Windows マシンの MAC アドレスのリストを取得するには、コマンドプロンプトを開いて、次のコマンドを実行します:getmac /v または ipconfig /all

getmac /vを実行している場合、各ネットワークアダプタの MAC アドレスが 3 列目に表示されます。ipconfig /allを実行している場合、各ネットワークアダプタの MAC アドレスは、Physical Address というラベルと共に表示されます。

Linux では、ifconfigコマンドを使用して、以下のような出力を探します。

mceclip0.png

MAC アドレスは、16 進数 2 桁の 6 組の文字列です。

どのネットワークアダプタを使うかわからない場合は、getmac /v (Windows) または ifconfig (Linux) を実行し、出力のスクリーンショットを サポートまでメールで送ってください。

ライセンスサーバのホスト名の取得

WindowsおよびLinuxで利用可能なhostnameコマンドは、マシンのホスト名を表示します。

ライセンスキーの取得

添付ファイルとしてライセンスキーを含む応答を受け取ります。

ライセンスサーバーの設定

システム要件

ライセンス サーバーとして指定するマシンは、以下の要件を満たしている必要があります。

  • Redshiftでレンダリングするすべてのクライアントワークステーションとレンダーノードは、TCP/IP経由でライセンスサーバーに接続できる必要があります。
  • ライセンス サーバーは、Windows(XP、7、8、10)32 ビットまたは 64 ビット、Linux 64 ビットまたは macOS 64 ビットで実行できます。
  • ライセンスサーバーは、仮想マシンではなく物理マシンである必要があります

RLMライセンスサーバーのインストール

Redshiftライセンスサーババンドルを、ここ(Windows 64ビット)ここ(Windows 32ビット)ここ(Linux 64ビット)、またはここ(macOS 64ビット)からダウンロードします。バンドルからファイルを展開し、ライセンスサーバーマシン上のフォルダに移動します。フォルダの場所は重要ではありません。

ライセンスキーのインストール

Redshiftサポートから受け取ったライセンスキーファイルを、ライセンスサーバー上の抽出したRLMサーバーバンドルファイルが入っているフォルダと同じフォルダに配置します。これは、RLM実行ファイル(rlm.exe)が入っているフォルダです。

RLMライセンスサーバーの起動

ライセンス サーバは、コマンドラインから実行することもできますが、サーバを起動したときに自動的に起動するように、Windows サービスとして実行するように設定することもできます。コマンドラインからの実行はテストに便利ですが、RLMサーバが動作することを確認してからサービスとして実行することをお勧めします。

コマンドラインからRLMライセンスサーバを実行する

コマンドラインから、ディレクトリをRedshift RLMサーバファイルが入っているフォルダに変更します。

pushd C:\redshift_rlm

ログフォルダを指定して、ライセンスサーバーの実行ファイルを実行します。

rlm -dlog rlm.log

Windows サービスとして RLM ライセンス サーバーを実行する

サービスをインストールするには、通常、管理者権限が必要です。Administratorとしてコマンドプロンプトを開きます。コマンドラインから、ディレクトリをRedshift RLMサーバファイルを含むフォルダに変更します。

pushd C:\redshift_rlm

次に、以下のコマンドを実行して、rlmサーバに自分自身をサービスとしてインストールするように指示します。

rlm -install_service -service_name RLM-Redshift -dlog +rlm.log

その後、RLM-Redshiftサービスを開始する必要があります(初回のみ必要)。

net start RLM-Redshift

ライセンスサーバーのポートのカスタマイズ

RLM ライセンス サーバーは、デフォルトで 5053 番ポートを使用します。ライセンス ファイルを編集し、RLM サーバーを再起動することで、デフォルトのポートを変更することができます。

以下のライセンス ファイルの例では、RLM サーバーのポートを 5055 に変更しています。

HOST localhost 0BABE00BABE0 5055
ISV redshift
LICENSE redshift redshift-core 2014.01 permanent 1 share=h
min_timeout=120 start=1-jan-2014 customer=00001 issued=1-jan-2014
replace _ck=acdabe28ba ig="c2N25465jtQi~5Ar=9X01G7Y3WDnqCIc0ihvHoGFc
K6be~3eqa+RM1szUTU+Zg"

既存のライセンスサーバからのRedshiftライセンスのサーブ

他のソフトウェアパッケージ用のRLMライセンスサーバをネットワーク上で既に実行している場合、Redshiftのライセンスを提供するように設定できるかもしれません。Redshiftは、v10.0BL2以前のRLMサーバのバージョンでは動作しません。

既存のサーバがこれらの要件を満たしている場合は、redshift.setとredshift.opt(ここで入手可能で、RLMライセンスサーババンドルにも含まれています)をライセンスキーと一緒に既存のRLM.exeのあるフォルダにコピーし、RLMサーバを再起動してください。

クライアントマシンのセットアップ

ワークステーションとレンダー ノードは、ライセンシングの目的でクライアントと呼ばれています。各クライアント マシンがライセンス サーバーを見つけ、ライセンスをチェックアウトできるように設定する必要があります。

オプション1 - 環境変数

環境変数 redshift_LICENSE を定義することで、クライアント マシンがライセンス サーバを見つけるように構成できます (小文字の「redshift」が重要であることに注意してください)。この環境変数は、port@hostname または port@ip-address という構文を使用して、ライセンス サーバのホスト名または ip アドレスとポート番号を指定します。RLM サーバのデフォルトのポートは 5053 ですが、必要に応じてカスタマイズすることができます (例えば、同じマシン上で実行されている他の RLM ライセンス サーバとの競合を防ぐため)。詳細は、上記の「ライセンス サーバのポートをカスタマイズする」を参照してください。

macOSで環境変数を設定する方法については、このスレッドを参照してください: https://stackoverflow.com/questions/135688/setting-environment-variables-in-os-x

ほとんどのRedshiftユーザーにとって最も効果的な方法は "envpane "です。

オプション 2 - クライアントライセンスファイル

上記の環境変数を使用する方法の代替として、クライアント ライセンス ファイルを使用することができます。 ライセンスファイルは、フォームの1行を含むシンプルなテキストファイルです。

HOST <hostname> ANY <port>

ここで、<hostname> はライセンス サーバのホスト名または IP アドレス、<port> は RLM ライセンス サーバのポートです。

例えば、ライセンス サーバのホスト名が myrlmserver で、デフォルトのポート 5053 を使用している場合、クライアント ライセンス ファイルは次のようになります。

HOST myrlmserver ANY 5053

ライセンスファイルは、各クライアントマシンのライセンスパスに配置する必要があります。

RLMウェブサーバ

RLM サーバーは、ライセンス サーバー管理用の Web ベースのインターフェイスを提供します。Web サーバーは rlm.exe の実行時に自動的に起動します。デフォルトでは、Web サーバーはポート 5054 で待機しています。Web インターフェイスを使用するには、Web ブラウザをライセンス サーバーの *http://localhost:5054* に向けるだけです。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ