Created on | Updated on

シングルエンティティを用いて階層構造を設定する

利用頻度の多いものとしては、マルチエンティティを用いて、複数の項目を
リンクさせることが多いと思いますが、階層構造を持たせるためにシングルの
エンティティを利用するケースがあります。

デフォルトでは、エピソード - シーケンス - ショット のつながりは、
シングルでつながっています。
簡単に言うと、ショットは1つのシーケンスにしかリンクできず、シーケンスは
1つのエピソードにしかリンクできない設定になります。

シングルでの階層設定は、ショットやタスクのページにおいて、エピソードのフィールド情報で
まとめることができたりが便利です。

設定方法は下記となります。シーケンスエンティティが不要で、直接ショットの親にエピソードを
設定したい場合の方法となります。

最初に、

エピソードエンティティに EP01
ショットエンティティに     C001

の情報がある想定です。

フィールドを作成します。
※必ず、子になるエンティティ(今回はショット)で行ってください。

mceclip0.png

エンティティを選択して、エピソードを選びます。
mceclip1.png

 

エピソードエンティティにも同時にフィールドが作成されますので、
エピソードエンティティの該当のフィールドを開いて、C001といれてみます。
Shot <-> EP_Link という表示が読みづらい場合は、フィールド名を
変更してください。

mceclip2.png

再度ショットを開くとエピソード名が入っているのが確認できます。
mceclip3.png

あとは、階層設定をしておきます。トラッキング設定に入ります。
mceclip4.png

エピソードを開いて、フラットな階層を選択します。一番上の階層の意味です。

mceclip5.png

ショットを選択して、上記で作成したフィールドを用いた階層設定を選びます。
mceclip6.png

これで階層設定が完了です。
ショットの詳細ページを見ると、下記のように設定されているのが確認できます。
mceclip7.png

 

その他活用方法

タスクの情報をエピソードのフィールド情報でまとめる。

デフォルトはリンクフィールドでグループされてます。
リンクフィールドはショットの情報になります。

mceclip0.png

上記に対して、高度なグループ化を使用して、リンクの上に、エピソードを設定してみます。

mceclip1.png

 フィルターをひとつ追加して、上に置きます。
mceclip2.png

あとは、ここにエピソードの特定フィールドを選択します。
情報のたどり方は下記のようになります。

mceclip3.png

このように、パイプラインで細分化されたタスク(ページ)を、親のリンクからたどって
ショットやエピソードの特定フィールド情報でグルーピングが可能になります。

この方法を活用すれば、エピソードエンティティの代わりに、カスタムエンティティどうしを用いて、
親子関係を自由に設定することも可能になります。

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ