Created on | Updated on

SideFX Labsのインストールに関して

公式Webサイト

インストール

SideFX Labsツールセットは、Houdiniの内部から直接インストールするか(Houdini 18.0以降が必要)、パッケージシステムを使用して手動でインストールできます。

方法1(推奨):ビルトインアップデーター

ツールセットのバージョンをインストールするには、Houdini 18.0以降に内蔵されているアップデータを使用します。アップデータは、SideFX Labsのシェルフにあります。

アップデータは、お客様のニーズや制限に応じて、いくつかのインストール方法を提供します。

  • インターネットに接続できない場合、アップデータを使用して、ツールセットのローカルバージョンをインストールすることができます。このローカルバージョンは、アップデータを実行しているHoudiniのバージョンに関連しています。(例:Houdini 18.0.274は、274のツールセットをインストールします) より新しいバージョンを取得するには、より新しいバージョンのHoudiniが必要です。
  • インターネット接続が必要:Githubからプロダクションビルドをダウンロードします。本番ビルドは4週間ごとにリリースされます。このタイプのビルドには、ツールセットへの最先端の追加は含まれませんが、開発ビルドよりもリリース前に多くの実稼働テストが行われています。(これらのビルドは、このリポジトリのリリースセクションで見つけることができ、"Release "としてマークされています。)
  • インターネット接続が必要:SideFX.comから開発版ビルドをダウンロードします。開発版ビルドは24時間ごとにリリースされます。これらのビルドには、前日に実施されたバグフィックスが含まれます。これらのビルドにアクセスするには、アップデータの "Production Builds Only "チェックボックスのチェックを外してください。
  1. シェルフのプラグボタンをクリックし、Shelvesにカーソルを動かします。
    mceclip0.png

  2. SideFX Labsを有効にします。
    mceclip1.png

  3. 初期状態ではSideFX Labsのシェルフには1つのアイコンしかありません。mceclip0.png

  4. シェルフ内にあるUpdate ToolSetボタンをクリックします。

  5. Updaeボタンをクリックし、インストールが完了するまで待ちます。
    mceclip2.png

  6. アップデートが完了すると下記のウィンドウが表示されますので、Houdiniをいったん終了し、再度起動します。
    mceclip3.png

  7. 再起動後、ツールが正しく追加された場合、シェルフにアイコンが表示されます。
    mceclip4.png

方法2:コマンドライン

Houdiniでは、SideFXLabsをインストールしたい場合、pythonを経由してインストールすることもできるようになりました。これは、大規模な環境でツールセットを展開する際に特に便利です。アップデートは、sidefxlabsモジュールを通して行うことができます。Houdiniを起動し、メニューバーから、Windows > Python Shellを選択します。そして、以下のコマンドを入力します。

import sidefxlabs

updater = sidefxlabs.SideFXLabsUpdater() # This is the updater object.

updater.production_releases # Lists containing the available production releases
updater.development_releases # Lists containing the available development releases

updater.install_latest_production_toolset() # Installs latest production build from sidefx.com
updater.install_latest_development_toolset() # Installs latest development build from sidefx.com
updater.install_embedded_toolset() # Installs embedded version of the toolset. No internet required.

# Tip: Check the contents of updater.production_releases or updater.development_releases
# to see which most recent versions are available.
updater.update_toolset_version(VERSION_NUMBER) # Installs a specific version, e.g., '18.5.533'

updater.uninstall_toolset() # Uninstalls the toolset from Houdini. Did we do something wrong? :(

 

上記の例に加えて、単純なスクリプト引数を使ってHythonのヘッドレスセッションを実行することもできます。例えば、コマンドプロンプトで下記を行うことができます。

set HFS=C:/Program Files/Side Effects Software/Houdini 18.5.532
"%HFS%/bin/hython2.7.exe" "%HFS%/houdini/python2.7libs/sidefxlabs.py" -p

The available arguments are:
-p/--installs latest production release 
-d/--installs latest development release
-e/--installs embedded version
-v/--version NUM 
-u/--uninstalls

また、Houdini独自のCommand Line Tools 18.5.533(またはあなたが持っているHoudiniのバージョン、これはHoudiniに付属するシステム上の別のプログラム)を検索して実行することも可能です。コマンドラインツールでは、変数HFSはすでに設定されているので、設定する必要はありません。また、2行目の二重引用符は省略してもかまいません。

%HFS%/bin/hython2.7.exe %HFS%/houdini/python2.7libs/sidefxlabs.py -p

 

方法3:Githubから手動でダウンロードする

  1. Github(https://github.com/sideeffects/SideFXLabs)にアクセスします。
  2. 緑色のCloneまたはDownloadドボタンを使用してリポジトリをダウンロードし、選択したフォルダーにコンテンツを解凍します。
  3. SideFXLabs.jsonファイルを手順1で使用した場所から$ HOME / Houdini18.0 / packagesにコピーし、手順1で選択した場所に一致するように含まれるパスを変更します.  Packagesの情報に関して

(方法2の実際の手順)

Houdini18よりGameDev ToolがSideFXLabsに代わり、自動インストール場所も変更されました。

SideFXLabsシェルにあるUpdate Toolsetボタンをクリックすると

これまでは

マイドキュメント\Houdiniバージョン\Houdini.env

に、GameDevツールのインストールディレクトリが追加されておりました。

Houdini18より、このボタンを押してSideFXLabsを追加した場合

マイドキュメント\houdini18.0\packagesにSideFXLabs.jsonが追加され、この中にSideFXLabsツールセットディレクトリへのパスが記載されます。

Githubから直接SideFXLabsツールをダウンロードして、.zipを回答するとその中にもSideFXLabs.jsonファイルが含まれています。

SideFXLabs.jsonをテキストエディタで開き、赤線部分をツールを設定した場所に置き換えます。

mceclip1.png

参考例

mceclip2.png

変更後、

マイドキュメント\houdini18.0\packages

に保存します。

その後、Houdini18を起動するとシェルフにアイコンが追加され、使用できるようになりました。

mceclip3.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ