Created on | Updated on

Configuration List (構成リスト)- SBSCFG

Configuration File(設定ファイル)は、プロジェクトのリストとエンジン互換モードのみを含むため、プロジェクト設定ファイルよりもはるかに単純です。 これらは、単一のプロジェクトファイルよりも上位レベルのプロジェクト/環境構成リストとして機能します。

さまざまな環境に合わせて複数の構成を設定できます。これらのファイルは、SBSPRJファイルとともにバージョン管理下に置くことができます。

 

Configuration File(設定ファイル)の修正

これらのファイルは単純ですが、SBSPRJファイルと同じように、2つの方法で変更することができます。

 

Preferences UI(設定UI)から

強調表示されている部分は、設定ファイルに関連する部分です。上記で定義したSBSCFGファイルに保存されているリストにプロジェクトを追加するだけです。

Config_UI.png

 

XMLを外部から編集する

Windowsの場合はNotepad ++をお勧めします。OSXの場合はSublime Text 2を選択します。ただし、適切なインデント、セクションの折りたたみ、および何らかの形式の構文強調表示を備えたエディタであれば、作業がずっと楽になります。

SBSCFGファイルをエディタで開くと、UIに対応するセクションがあり、かなりわかりやすい構造化されたレイアウトが表示されます。

default_configuration.sbscfg
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<root>
	<projects>
		<projectfiles>
			<size>1</size>
			<_1 prefix="_">
				<path>custom_project.sbsprj</path>
			</_1>
		</projectfiles>
	</projects>
	<preferences>
		<configuration>
			<compatibilitymode>sbs_engine_v6</compatibilitymode>
		</configuration>
	</preferences>
</root>

 

デフォルトプロジェクトとユーザープロジェクトは明示的にリストされていないこと、および追加プロジェクトはこれらの後に定義されていることに注意してください。 

上記の例では相対パスも使用しています。 相対パスのロジックは、CFGファイルとPRJファイルでは若干異なります。上記のように、CFGファイルの場合は、パスの前に「file:/」と入力しないでください。 代わりに、パスはそれが定義されているCFGファイルの場所に追加されるだけです。

デフォルトライブラリの削除

今のところ、デフォルトのライブラリは削除できません。 Designerの機能を多く失うことになるので、とにかくそうすることはおそらくお勧めできません。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ