Created on | Updated on
フォローする

新しいSUBSTANCE DESIGNERリリース: 作業をもっと楽に

今年の冬、Substance Designerは、最新技術を駆使し、日常的に使用するための非常にシンプルな同線により、この寒さを乗り越えていきます。つまり、このツールに追加された数多くの機能により、パワーと使いやすさの両方が目に見えて変化していることがわかるでしょう。

新しい経験をよりスムーズに

時間とエネルギーを無駄にしながら、1日に何百回も繰り返す不便を感じる小さな操作はどのような操作ですか?Allegorithmicはそのような不便さを取り除くことに取り組んでいます。その取り組みによりSubstance Designerでの操作はエンジンのように効率的です。

Tab / Spacebar

ユーザーからのリクエストにより、実装いたしました。 Tabまたはスペースバーのいずれかを押して、グラフのノードリストを開くことができます。

ちなみに、この作業は予想されていた作業と比較しはるかに困難でした。 私たちは何時間もイライラしながら、コーヒーを大量に飲み、解決策が見つかるまでかなりの数のポストイットを使用しました。 Substance Designerの開発者が人間でもあることを思い出させるお話ですね。

フローのハイライト

ノードグラフスパゲッティで迷子になったことはありますか?入力のすべての場所がわかりますか?新しいフローハイライト機能を使用すると、選択した1つのノードに接続されているすべての親ノードを表示できます。

さらに、嬉しい効果として「Select Parent Node」機能がより高速になりました。

バッジ

グラフの読みやすさを改善するための努力を続けており、そのためにノードにバッジを追加しました。グラフビューにおいて、2Dビューに表示されているノード、3Dビュー、およびプロパティウィンドウに表示されているノードを確認できるようになりました。 また、ノードに機能エラーがあるかどうかを知らせる素晴らしいバッジも用意しました。

バッジなしでグラフを表示したい場合は、機能を無効にすることができます。

 

グラフ検索ツール

ご存知の通り、グラフ検索ツールの機能には改善が必要でした。ラベル、タグ、関数や変数、ノードのUIDで検索することができるようになりました。つまり、エラーメッセージが表示され、どのノードが正確に関係しているかを見たいときに便利です。

 

グラフタブ

そして、グラフタブボタンを思い出してください?使い勝手の悪いバーの端にあったボタンです。今は単純にタブ自身に追加されました。

タブをつかんでドラッグするとドッキング解除することができます。

ブレッドクラム

Substance Designerをガチモードで楽しんでいる人は、グラフ、ピクセルプロセッサー、FXマップ等でレイヤの上にレイヤーを持つある種の「グラフ・セプション」を作成したいと思ったことがあるかもしれません。でも、どんなに慣れた人でも迷うことがあると思います。(否定できませんよね)

私たちはソフトウェアにブレッドクラムを追加する時だと考えました。新しいタブで表示されていたコンテンツは、潤滑なシステムで表示されるようになりました。全ての構成要素を相互に関連して表示、編集可能です!

ちょっとしたトリック:サブグラフのブレッドクラムを表示するには、「Edition in context」機能がアクティブになっていることを確認してください。

また、キーボードショートカットが大好きな皆さんのために、すべてのブレッドクラム要素(ピクセルプロセッサー、FXマップ、サブグラフ)をコマンドctrl + Eで開くことができるようにしました。

 

新しいコンテンツ

今回のリリースでは新しいノードが1つしかないので、絶対に役に立つものにしようと考えました。PBR Renderノードは、名前が示すように、PBRマテリアル(ベースカラー/メタリック/ラフネス)をレンダリングします。ただPBRマテリアルとHDRマップを接続するだけです。このノードにより、単一のマップ内で完全なマテリアルライティングをシミュレートできます。 この新しいノードをカスタムプロシージャル環境マップと組み合わせて、数秒で美しいサムネイルを作成することができます。取得するレンダリングは、Irayでレンダリングされるマテリアルとほぼ同じ精度です。 もちろん、生成には多少の計算が必要なため、ノードのレンダリングには時間がかかることがあります。しかしこの時間は費やす価値のある時間です - こちらをご覧ください:

 

より速くなったレイトレース

リアルタイムレイトレーシングは次の大きな波であり、全体的に精度の向上、高速化、さらにリアルなレンダリングが約束します。NVIDIA Project Solデモの素晴らしいグラフィックを見てみましょう。

我々はこの映像を見ることで、どのようにこの新しい技術を活用できるのか考えました。そして、ベイクに着手しました。新しいRTXの力を使用したベイカーは比類ない速度を実現します。以前数分かかったベイクでもたった数秒でベイクできます。これでカフェインの摂取量を減らすことができます。

 

 この技術を統合するために、ベイカーのアーキテクチャで複数の要素を変更する必要がありました。 この変更により、将来的に他の技術を統合することも可能になり、ベイカーのパフォーマンスが大幅に向上、サポートされるハードウェアの範囲が広がりました。

NVIDIA GPU(GeForce RTXまたはTitan Vのいずれか)とWindows 10バージョン1809(ここに移動して「今すぐ更新」をクリック)を使用している場合、RTXはデフォルトで有効になっています。現在、誰もがこの新しい技術にアクセスするわけではないことを理解していますが、ハードウェアが誰でも使えるようになった瞬間にはSubstance Designerが既に使用できる状態になっていることを誇りに思っています。

 

Python API

魔法世界を想像してみましょう。そこでは、数行のPythonコードでグラフを制御できます。 これは私たちが見つけたソリューションであり、クリスマスプレゼントとしてお送りします。

今から、Substance Designer Python APIを使用して、データの作成と編集ができます。ノードの事前選択で無限の反復を生成します。 ノードを作成せずにノードのプロパティを調べます。本気でクリスマスの魔法を作りましょう。 DiscordTwitterで思いついたアイデアを教えてください。

APIにて2つの機能が公開されていません:ベイカーと3Dビューに関する機能です。今回のリリースでは準備間に合いませんでした。 これらの機能をできるだけ早く利用できるようにします。

Substance Designerのスクリプティング機能を既に使用している場合は、コードを少し変更する必要があります。 Substance Designerの内部ドキュメントにはさらに多くの情報がありますので、詳細をご確認下さい。