Created on | Updated on
フォローする

HEADS UP:ボリュームカラー透過まであと少し

ボリュームレンダリングで最も頻繁にリクエストされる機能の1つは、色付きの透過の実現です。そして...下の画像で見ることができるように、私たちは前進したことをお蔦できることをうれしく思います。

画像には吸収(absorption )のためのカラーランプが表示されています(前のモノクロームの代わりに)。 密度フィールドがカラーランプの全範囲をカバーしていることを確認するために、(再マップ範囲内の)濃度をスケーリングしました。 ウサギの最も濃い部分は赤、中濃度は緑、最も濃い部分(青)は青です。

透過色は少し変わっているかもしれません。 たとえば、完全に原色(「純粋な」緑色のような)を使用すると、予期しない結果が生じることがあります。 だから "パステル"カラー(極端に低いRやG、Bの値を持たない色)が一番良く動作する可能性があります。

この機能がテストされリリースされると(次の2-3リリースのいずれかで)、リクエストの多いその他のボリュームレンダリングの改善が行われます。

1)散乱のためにカラーチャネルを使用する機能(および場合によっては吸収も)
2)ノイズ設定を追加する

Thanks

-Panos

volume_color_transmission.PNG