Created on | Updated on
フォローする

SUBSTANCE DESIGNER: 自動化されたワークフロー

昨日お知らせいたしましたとおり:Substance Designerでは、Python 3.6.5を使ってその操作をスクリプト化できるようになりました。

Substance Designerは高度な技術を持っているアーティストに好まれるツールです。 クリエイターは膨大な数のノードでクリエイティブな筋力を鍛えることを楽しむ一方で、チームはまた、ソフトウェアとのより多くの個別のインタラクション求める人たちにより多くの自由を与えることを望んでいました。

APIの機能を理解する前に、今日のスクリプトの可能性には限界があります。 Pythonエキスパートは、その限界をもどかしく思うかもしれません。しかし、ソフトウェアは次のライフサイクルへ入りつつあり、Substance Designerのスクリプティングの限界を押し広げていく定期的な更新が行われることを期待していてください。

Substance Automation Toolkit

Substance Automation Toolkitを使用すると、非常に多くのアセットに対する変更を自動化できます。 膨大なプロジェクトに参加する場合、効率的に大規模な作業が必要になることが多く、スタジオにとってSATは非常に重要です。

Substance Designer Scripting API

スクリプティングAPIを使用すると、グラフの内容を読み込み分析できます。 現時点ではまだ、スクリプトを使ってSubstance Designerグラフを変更することはできません。 今のところは、ノードの位置のみを変更することができます。

グラフレイアウト & ノード配置

Substance Designer Summer 2018リリースの新しいツールバーに注目してください。ノードを整列させることができるようになりました。ノードを水平方向、垂直方向に整列させ、グリッドにスナップすることができます。 これらのプラグインは、スクリプトAPIを使用して開発されました。 現在、ユーザーが独自のプラグインを開発することができます。 または、必要に応じて、Allegorithmicが作成したプラグインを元に、必要に応じて変更することができます。Pythonコードは編集可能です。独自のグラフレイアウトプラグインを作成することができます。

品質管理

APIを使用して、独自の基準に従ってグラフの品質を確認することができます。この可能性の拡張は、単一ユーザーの視点から特定の要件を備えた大規模な制作チームまで、厳粛な品質管理が可能にします。確認したい内容を決定すると、APIによってレポートが生成され、グラフの品質を正確に把握できます。

たとえば、プロダクションチームが次のいずれかを実行したいと考える場合は、APIを使用してすべて可能です。

  • どのノードがAbsolute Output Sizeを使用しているのかや、またはターゲットハードウェアと一致しない特定のピクセル形式を使用していることを確認
  • 全てのOutputが正しい使用方法(Usages)が設定されているか確認
  • 余分な、不要な、変換ノードがグラフに使用されていないことを確認

カスタムグラフエクスポーター

APIを使用すると、Substance Designerでユーザーが作成できるすべてのグラフタイプを分析可能です。

  • Substance Compositing graph
  • Substance Function graph
  • Substance Fx-Map graph
  • MDL graph

つまり、任意の種類のグラフの内容を分析し、必要な形式にエクスポートすることができます。

また、Substance Compositingグラフを計算して、生成された出力テクスチャを取得し、必要な場所にテクスチャを保存することもできます。

プラグインライブラリ

独自のプラグインライブラリを作成することができるようになりました。Preferencesパネルに移動し、プロジェクト設定でライブラリディレクトリパスを追加するだけです。 これは、チームのプロダクションを一致させることに役立ちます:  メンバーがプロジェクトファイルを簡単に保存したり、他のチームメンバーと共有することができます。

まだPythonを使用していない? さて、学ぶ時期がきましたね