Created on | Updated on

License Freeモードでお手軽にDeadlineを試してみる

■Deadline の License-Free モード

Deadlineにはライセンスを持ってなくても使用することが可能なLicense-Freeモードがあります。

Deadlineを導入する前に検証する場合やレンダリングマシンが2台以下の環境の場合にはとても便利です。

License Free モードの詳細はこちら

↓↓↓

Deadline Licensing - License-Free Mode

 

■License-Free モードの制限事項

Deadlineの機能はフルアクセス可能ですが、Deadline Slaveを2台までしか使用することが出来ません。

※ Deadline Slave: Deadlineでレンダリングマシンとして使用するために必要なアプリケーション/サービス

※ Deadline Slaveを3台以上起動すると、強制的に使用出来なくなります。

 

■License-Free モードを試してみる

DeadlineをLincese-Free モードで試すには、Deadlineのインストールと設定が必要です。
詳細な手順については下記をご確認下さい。

  1. Deadlineのインストーラーダウンロード
  2. Deadline Repositoryのインストール
  3. Deadline Repositoryの設定
  4. Deadline Clientのインストール

※ 手順4のDeadline Clientのインストールの説明ページの"Deadline Clientのインストール"の8の手順でライセンスモードを決定しますので、ライセンスフリーモードで使用するために"License Free"を選択します。

8_LicenseFree.png

 

■License-Free モードの確認

License-Free モードでのDeadline Clientのインストールが完了したら、Deadline Slaveを起動します。
"Slave Information"タブに移動し、License の項目が"License Free Mode"になっていれば問題ありません。

deadlineslave_licenesfreemode.png

上述の制限にだけ注意して、Deadlineを試してください。

 

Deadlineの詳細な使い方については、下記ドキュメントをご確認下さい。

Deadline 10 ドキュメント

 

 

 

 

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ