Created on | Updated on
フォローする

パイプラインとプロジェクト構成

Substance Designerには、パイプライン使用のためにアプリケーションを構成するための強力なシステムがあります。 階層的な「プロジェクト」ファイルの高度なシステムを介して、アプリケーションはスタジオまたはプロジェクト標準に即座に設定することができ、すべての設定とライブラリコンテンツはバージョン管理下にあります。 このシステムの主な目的は、すべてのパイプライン関連の設定を一元管理することでありながら、複数の設定が互いに上書きドおよび拡張できるようにすることです。

このシステムは、単純な要件を持つシングルユーザーを対象としているのではなく、大規模なプロジェクトやチームを抱え、組織化の必要性が高いスタジオを対象としています。 このシステムを十分に活用するには、かなりの量の計画と準備、そしてある程度の自動セットアップが推奨されます。

Configuration File Hierarchy(設定ファイル階層)

Designerには3つの層または設定ファイルがあり、それぞれ目的が異なります。 Windowsの場合、すべてのファイルは〜User \ AppData \ Local \ Allegorithmic \ Substance Designerにあります。

次の図は、新規インストール後の、Designerのデフォルト設定におけるさまざまなファイル間の関係を示しています。

FileStructureOverview.png

  • User_Preferences.XML には一般的なプログラム設定が含まれていますが、1つを除くすべてがプロジェクトパイプラインに関連していません。 このファイルは一意であり、入れ替えることはできません。Designerは、このファイルそのものを利用するようにハードコードされています。
    構成ファイルへの単一の参照が含まれています。
  • Default_Configuration.SBSCFG は、名前の異なる他のSBSCFGファイルと交換できますが、同時に使用できるSBSCFGファイルは1つだけです。
    プロジェクトファイルへの複数の参照が含まれています。 デフォルト設定では、これらのファイルは明示的に定義されていませんが、ハードコードされています。
  • Project.SBSPRJ には、プロジェクト/パイプライン関連の設定が含まれています。 複数のプロジェクトを階層内で定義し、以前に定義したプロジェクトを上書きまたは拡張することができます。

Designerのパイプライン設定

このページの子ページでは、あらゆる種類のファイルについてより詳細に説明されていますが、Designerのカスタム設定を理想的に定義する方法の概要は次のとおりです。

  1. プロジェクトファイルに追加する設定を特定してグループ化します。 これはスタジオごとに異なり、ある程度の計画が必要です。
    ほとんどの場合、少なくとも2つのプロジェクトを定義する必要があります。1つはグローバルでスタジオ全体のデフォルト(標準テンプレート、シェーダファイル、ベーキング設定など)、もう1つはライブラリコンテンツなどのより具体的なコンテンツです。 同時に複数のプロジェクトを実行している場合は、それぞれに対して複数のプロジェクト構成を作成する必要があります(合計3つ以上)。
  2. 関連するSBSPRJファイルを作成し、それらとその内容をバージョン管理下に置きます。 個別のリポジトリを作成して、Designerのパイプラインおよびライブラリのコンテンツを実際のプロジェクトのコンテンツおよびリソース(3Dモデル、テクスチャ、コード)から分離することを強くお勧めします。
  3. すべてのプロジェクトファイルをリストしたSBSCFG構成ファイルを作成し、それをバージョン管理下に置きます。 複数のプロジェクトがある場合は、プロジェクトごとに設定を作成できます。
  4. すべてのユーザーのUser_Preferences.xmlを、それらの関連構成ファイルを参照するように設定します。すべてのユーザーに手動でこれを行わせることも、XMLファイルに行を挿入することによってこれをスクリプト化することもできます。関連ページの詳細情報

 

原文:https://support.allegorithmic.com/documentation/sddoc/pipeline-and-project-configuration-170459150.html