フォローする

始める前のその他の設定

Aeroを無効化

Windows VistaまたはWindows 7以降でRedshiftを実行している場合、エアロを無効にすることを強くお勧めします。Aeroは特に、2560×1600や1920×1200の高解像度で動作しているとき、GPUメモリを大量に使用する可能性があります。Redshiftが利用可能なVRAMとパフォーマンスが向上します。

GPUを選択

お使いのシステムのGPUが1つだけの場合、このセクションをスキップすることができます。
デフォルトで、お使いのシステムでRedshiftは最初に利用可能で互換性のあるGPUを選択します。Autodesk MayaのRedshiftレンダーオプションのSystemタブにあるRedshift Global Preferenceで特定のGPUでRedshiftが実行されるように構成することができます。

005

 

GPUは、モニターに接続されていない場合、Windowsはその分メモリを使用しないことを意味し「ヘッドレス」モードで動作することができます。お使いのシステムに複数のGPUがある場合、モニタに強力なGPUを接続し、接続されていない(「ヘッドレス」)GPUを使用するように赤方偏移を設定することを推奨します。お使いのシステムに複数のGPUがあるならば、非常に強力なGPUをモニタと接続し、モニタと接続されていない(『ヘッドレス』)GPUを使用する様にRedshiftを設定するようことをお勧めします。「ヘッドレス」モードでRedshiftに最も強力なGPUを使用すると、2つの利点があります。

  • Windowsは、他の3Dアプリケーションと競合することなく、より多くのVRAMへRedshiftがアクセスできるようにし、WindowsはヘッドレスGPU上でVRAMを全く使用しません。
  • RedshiftがヘッドレスGPUでレンダリングしている間、システムが他の何か操作を行いたい場合、システムが100%反応します。

 

キャッシュフォルダ

Redshiftは、最適なレンダリングパフォーマンスのために独自のタイルフォーマットへレンダリングに使用する全てのテクスチャを変換します。ユーザーがこれを意識することはありません。変換されたテクスチャはディスクにキャッシュされ、ソーステクスチャが変更された場合のみ再生成されます。テクスチャキャッシュはディスクスペースのかなりの量を占める可能性があるため、Redshiftはキャッシュフォルダの場所をのカスタマイズを可能にし、テクスチャキャッシュがどのくらいの大きさになるのか制限することができます。

008

Houdini

プラグインオプションパネルを開くためにRedshiftシェルフでOptionsアイコンをクリックします。この設定はRedshiftフォルダに保存され、全てのRedshiftシーンに対して適用されます。

オプションパネルでキャッシュフォルダ、テクスチャキャッシュの最大サイズとレンダリングに使用するGPUを設定することができます。また、Houdiniのコンソールでログの冗長性を設定するためのデバッグタブオプションがあります。

設定を有効にするためにHoudiniを再起動する必要があります。GPU構成の変更は、レンダリングを行っていなければ、Houdiniの再起動なしで作業可能です。

006

007

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。