フォローする

Shotgunの基本構造 まず初めに

Shotgunの初期の項目に

Shot(カット管理)
Asset(モデル管理)
Task(スケジュール管理)

というものがあります。
これらの管理項目のことをEntity(エンティティ)といいます。

ShotやAssetで登録した内容が、Taskにスケジュール化されて表示されます。
映像制作における基本構造、運用についてはこちらをご確認ください。

連載 Shotgun がプロジェクトを救う

Shotgunでは、EntityはShotやAssetのようにすでに用意されているものだけではなく
CustomEntity(カスタムエンティティ)を使用して自由に管理項目を増やすことができます。
これを利用すれば、機材管理や在庫管理、アセットのバンクなど活用の用途を広げることができます。

Shotgunの基本構造を理解するには、こちらのページをご確認ください。

Shotgunの構造を理解するには

また、実際のShotgunを操作を最初に学ぶには、こちらをご覧ください。

はじめてのShotgun入門 - 脱スプレッドシート管理

ボーンデジタルでは、Shotgunのデモや
多数のスタジオへの導入実績をもとに、テンプレート作成の
お手伝いを無料で実施しております。

お気軽にお問合せください。

お問合せ



Shotgunの伝道師に聞く、導入のメリット(前編)

Shotgunの伝道師に聞く、導入のメリット(後編)

「ソーシャルゲーム開発におけるShotgunの活用例」セッションレポート(前編)

「ソーシャルゲーム開発におけるShotgunの活用例」セッションレポート(後編)

Shotgun導入企業からの声

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。