フォローする

HoudiniでRS MaterialにDisplacementMapを適用する

GeometryノードにObjParmsを追加します。

Redshift Objタブを選択肢、Tessellation/Displacementを開きます。

Enable Tesselationはレンダリング時にさらに分割を追加します。
Enable DisplacementはジオメトリにDisplacementを適用します。

Tessellationは元のジオメトリ分割数が高ければ有効にしなくても大丈夫ですが、Displacementは必ず有効にする必要があります。

RS Textureノードに適用したいDisplacementMapをロードし、RS Displacementに接続します。
RS DisplacementをRedshiftMaterialのDisplacementに接続します。

RS Displacementで実際のスケールを設定します。モデルをcmで作成した場合、Scaleを0.01にすると良いでしょう。
Map EncodingはHeight Fieldにします。

レンダリングを行うとDisplacementが適用されていることがわかります。

Rs DisplacementのMap EncodingをVectorに変更すると、マップの方向に移動します。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。