フォローする

Maya ゲーム エクスポータでベイクしたアニメーションの接線

コンストレイントなどで制御されているアニメーションをMaya ゲーム エクスポータでアニメーションをベイクして書き出した場合、接線は全てスプラインとなります。 接線のタイプをコントロールした場合は、予め 編集 > キー > シミュレーションのベイク処理 を行い、ゲームエクスポータではベイクを行わずに書き出します。

このケースではシミュレーションのベイク処理オプションを既定の設定のまま実行すると接線は全て「自動」となります。


同じケースで「スマートベイク処理」を有効にすると、最小のキーとするために適切な接線となります。


 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。