フォローする

REPLYにおけるToの変更について

Noteを作成時に、REPLY機能を使用する場合の宛先変更には
注意が必要です。
見せたくないコメントの内容が見えてしまう場合があります。

下記は、途中のやりとりが最終的にVendor権限のユーザーに
見えてしまう例となります。


--------------------------------

1)最初にVendor権限のユーザーに対してToでNoteを書きます。

2)Vendor権限のユーザーのInboxに通知がきます。

3)同じNoteに対して、REPLY機能を使用し宛先のToをVendor権限のユーザーから、
   別のメンバーに変更して作成します。


4)Toから外れたことにより、もとのVendor権限のユーザーのInboxからは該当の内容が
 非表示になります。

5)再度、ToにVendor権限のユーザーを追加してREPLYで返答します。

6)Vendor権限のユーザーのInboxを見ると、これまでのREPLYの内容が表示されます。

これは、例えば誰かがVendor権限のユーザにコメントをした後に、Vendor権限に
内容を見せないようにToを変更して、社内的なやりとりを書いたのちに、
再度ToをVendor権限のユーザー宛てに変更するとその途中の(本来見られたくない)
内容がすべてInBoxに表示されてしまう。ということになります。
REPLYについてはToに指定したユーザーにそれまでの経緯が見える仕様と
なっています。

回避策としては、社内だけの内容のやりとりを行う場合は
新規にNoteを作成して必要なメンバーをToにして連絡しておくほうが安全です。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。