フォローする

2.5.19で搭載された新しいTriPlanar projectionシェーダー

多くのリクエストにより、リリース2.5.19では、すべてのDCCツールに新しいTriPlanar投影シェーダノードを搭載しました。 このノードでは、メッシュ上の明示的なuv座標を必要とせずに、各軸のメッシュ座標を使用して2Dビットマップまたはプロシージャルテクスチャを投影することができます。

Texture オプション

それぞれの軸に異なるテクスチャを持たせることができます。「Blend Amount」オプションを使用すると、これらのテクスチャが湾曲したサーフェス上のある軸から別の軸に移行する際のブレンド量を制御できます。 さらに、テクスチャブレンドのフォールオフを制御するための「Blend Curve」オプションがあります。値が高くなるほどブレンドが強くなります。

Coordinates オプション

座標生成を使用すると、通常はメッシュのサイズに基づいて各軸を拡大縮小することができ、効果的にテクスチャの繰り返しを制御できます。 ワールド単位で各軸の座標をオフセットすることもでき、テクスチャフレームを配置して画像を回転させることができます。

'Projection Space Type'パラメータは、メッシュ座標の由来を決定します。

- 'Object'スペースは、回転、移動、または拡大縮小に関係なく、投影がメッシュに固定することを意味します。

- 'World'スペースは、メッシュの移動やスケールの変化に応じて投影が変化することを意味します。

- 'Reference'スペースは 'Object'スペースに似ていますが、変形するメッシュ上のテクスチャス変化を防ぎます。

以下はMayaで設定されたシェーダの簡単な例を示し、各軸にテクスチャを投影します:

以下は、合成されていない、球面上のレンダリング結果を示しています。 軸の境界がはっきりと分かります。

以下は、ブレンドされた球上のレンダリング結果を示しています。

これはまったく新しいシェーダなので、改善のためのフィードバックをいただければ幸いです。 リリース2.5.20で修正される2つの既知の制限事項があります。

1. Maya実装には、まだ別の 'outAlpha'出力がありません。
2. 'Projection Space'の 'Reference'オプションは完全にテストされていないため、機能しない可能性があります。

 

原文:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/12899

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。