フォローする

ActivityStreamに表示する項目を増やす

ShotやAsset、Taskの詳細ページにはActivityStreamという
変更のログや、提出データが表示されるタブがあります。

ここは表示させる項目がデフォルトで決まっていますが、
この内容を編集することができます。

下記は、Shotの詳細ページに、新しく作成したFieldの情報
を表示する方法を掲載します。

Status がもともとのField、
Status2が新しく作成したFieldです。

Activityをみると、このようにStatusの方は履歴が表示がされますが、
Status2の方は表示がされていません。

Status2の方を表示するには、AdminメニューからGlobal Follow Settingsを選びます。





Shotを選択し、MoreからActivityに表示させたいField名を選択します。

こちらの設定が完了後、該当のFieldの情報を変更すると、Activityに履歴が
表示されるようになります。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。