フォローする

Redshift for Houdini:PARTICLES RENDERING

Redshiftは、大量のパーティクルを直接レンダリングをサポートし、球体のポイントクラウドとしてレンダリングされます。 パーティクルレンダリングがRS OBJスペアパラメータを追加して有効になっている場合は、どのオブジェクトもパーティクルとしてレンダリングできます。 「パーティクル」タブには、パーティクルのレンダリングを有効にし、デフォルトのスケールやグローバルスケールの乗数など、球体パーティクルの基本パラメータを設定するオプションがあります。

この機能により、パーティクルシステムをレンダリングするために、RSインスタンスまたはポイントクラウドを使用したインスタンス化が不要になりました。 Redshiftは大量のパーティクルのレンダリングをサポートしています。ですが、利用可能なCPU RAMによってのみ制限されます。パーティクルはOBJレベルのマテリアルを使用してレンダリングされ、RS Point Attribute VOPを使用してマテリアル内で取得できるポイントアトリビュートをサポートします。

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。