フォローする

Redshift for MacOSが利用可能になりました

https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/11919/

最新の2.5.08ビルドにMacOSインストーラが含まれていることをお伝えいたします! インストーラには、Maya、Houdini、およびC4D用のプラグインが含まれています。

 

OSとハードウェアの要件

MacのRedshiftにはEl Capitan以降が必要です。Redshiftには、compute capability2.0以上をサポートするNVidia GPUが必要です。Redshiftでは「Pascal」世代のGPU(GTX1070や最新のTitanXなど)がサポートされていますが、残念ながらNVIDIAドライバはまだMac上のこれらのGPUでは使用できません。ドライバーがまもなくリリースされるかもしれないという噂があります。ドライバに関してお話しすると、NVidiaの最新のディスプレイ(2017年以降)とCUDAドライバが必要です!

外部のThunderbolt GPUエンクロージャでRedshiftをテストしていません。 そのようなエンクロージャーを所有している場合、Redshiftがうまく動作しれいてるかどうかヒアリングしたいと思います。

ダウンロード

既にRedshiftユーザーの場合、ダウンロードしてインストールすることができます! 2.5.X サイト(https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/11920/)の他のダウンロードリンクの隣にリンクがあります。

Redshiftライセンスをお持ちではない場合で、上記の3dアプリケーション用のMacビルドをテストしたい場合は、info@redshift3d.comに件名 "MacOS alpha"のメールをお送りください。 私たちは2.5ビルドへのアクセスを許可し、一時ライセンスを送付します。 重要:http://www.redshift3d.comに登録したものと同じメールアドレスからメールを送信していることをご確認ください!

インストーラはまだ署名されていません!

Redshift for MacOSインストーラは現在署名されていません。 これは、MacOSから「開発者が未確認のもの」といったような形で警告を受ける可能性があることを意味します。 このページの指示に従って、そのメッセージをバイパスすることができます:http://www.macworld.com/article/3140183/macs/how-to-install-an-app-in-macos-sierra-thats-not-signed-by-a-developer.html

デモ版がすぐに公開されますか?

Redshift 2.5リリースは、現在のところユーザー向けです。 ただし、今後4〜6週間ですべてのリリースを2.5に切り替える予定です。 その時点で、デモ版もリリースされます。

ライセンスアクティベート

MacOS Redshiftバージョンをインストールしたら、Redshift Licensing Toolを実行してアクティベーションコードを入力する必要があります。 ターミナルからライセンスツールを実行することができます。

まず、Launchpadに行き、 "Terminal"と入力してターミナルウィンドウを開きます。
次に、ターミナルウィンドウに次のように入力します。

cd /Applications/redshift/bin
./redshiftLicensingTool 

 Macでライセンスを有効にするには、まず既存のコンピュータ/ OSでライセンスを無効にする必要があります。 ライセンスとRedshiftライセンスツールの詳細については、ここをクリックしてください:

http://docs.redshift3d.com/Default.html#I/Node Locked Licenses.html

将来的にはRedshift Licensing ToolをMacOSインストーラで自動的に実行させるか、Launchpadに表示させることで、ターミナルに入る必要はありません。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。