フォローする

Versionデータと添付データの違いについて

Shotgunへアップさたメディアデータは自動でトランスコードされ、
Versionとして再生できるデータになります。
つまり、ムービーデータはトランスコードされたのちに
Versionとして登録(Create Versions)されることで、直接Annotation
(書き込み)とバージョン管理が可能なデータとなります。

対応しているコーデックとフォーマットについてはこちら  ↓
Transcoding Service(トランスコーディングサービス)

Shotgunでは、FTPやメールの代わりにデータのやりとりを
行うことができますので、Versionとしてアップしない
(トランスコードが必要ない)ものは直接添付することで
データのやり取りが可能です。
その場合は、上記のフォーマットに関係なくデータのやりとりが可能です。

 (使用例)

 ・タスクに紐づけて、Mayaなどのシーンデータをアップする。
 ・タスクに紐づけて、仕様書PDFをアップする。
 ・コメントを返すときに、別の資料やデータを添付する。


※Versionとしてアップする場合も、添付としてアップする場合も
  1つのデータは2ギガ以内でないとアップロードすることができません。

※2ギガ以上の大きいデータの場合、ローカルに置かれたオリジナルのデータと
 ShotgunのVersionとリンクさせるにはRVを使用します。


0 コメント

記事コメントは受け付けていません。