Created on | Updated on
フォローする

Redshift環境変数

前のセクションでは、Redshiftのコアデータとプラグインで使用されるパスをカスタマイズするために使用できる基本的な環境変数について説明しました。

Redshiftのデフォルトの動作は、いくつかの追加の環境変数を使用してさらにカスタマイズできます。

REDSHIFT_CACHEPATH

Redshiftディスクキャッシュパスは通常、Redshiftローカルデータパスのpreferences.xmlファイルでシステム全体の環境設定として定義されます。 グローバルプリファレンスで設定された値は、環境変数REDSHIFT_CACHEPATHを使用してオーバーライドできます。

REDSHIFT_TEXTURECACHEBUDGET

EDSHIFT_CACHEPATHと同様に、REDSHIFT_TEXTURECACHEBUDGET変数を使用して、システム環境設定で定義された値を上書きすることができます。

REDSHIFT_MAXLOGSTOKEEP

デフォルトでは、Redshiftは最後の10セッションのログファイルを保存します。 保持するログファイルの数は、環境変数REDSHIFT_MAXLOGSTOKEEPを設定することで調整できます。 負の値(-1など)を指定すると、起動時に古いログファイルが自動的に消去されなくなります。

REDSHIFT_GPUDEVICES

定義すると、この変数はレンダリングに使用するGPUをオーバーライドします(通常、Redshiftローカルデータパスのpreferences.xmlファイルで定義されています)。 REDSHIFT_GPUDEVICESにコンマ区切りのGPU ordinalのリストを設定します。 たとえば、REDSHIFT_GPUDEVICES = 0,1は、レンダリングにGPUデバイス0と1を使用するようにシステムを強制します。 この変数は、Redshiftが初期化されたときにのみ読み込まれることに注意してください。 変数への変更は、ホストアプリケーションを終了し再起動された後にのみ有効になります。

REDSHIFT_LICENSERETURNTIMEOUT

Redshiftは、フレームのレンダリングを開始するときに常にライセンスをチェックアウトしようとします。 デフォルトでは、フレームは終了した時点ですぐには返されませんが、チェックアウトされたままになります。 5秒以内にレンダリングが行われない場合、Redshiftはライセンスを返します(ホストアプリケーションを終了するとライセンスも自動的に返されます)。 このタイムアウトは、環境変数REDSHIFT_LICENSERETURNTIMEOUTを使用して設定できます。 負の値(-1など)を指定すると、ホストアプリケーション(Mayaなど)がシャットダウンするまでライセンスがチェックアウトされたままになります。 正の値はタイムアウトを秒単位で定義します。 浮動小数点値(例えば2.5)を使用できます。

REDSHIFT_DISABLEOUTPUTLOCKFILES

Redshiftはフレームのレンダリングを開始すると、レンダリングされる出力イメージごとに.lockファイルを書き出します。 これらのロックファイルは、Redshiftの複数のインスタンスが同時に同じファイルにレンダリングされないようにするために使用されます。 この動作が問題を引き起こしている場合、変数REDSHIFT_DISABLEOUTPUTLOCKFILESを定義すると、ロックファイルの使用が完全に無効になります。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。