Created on | Updated on
フォローする

フローティングライセンスセットアップ

 

このセクションでは、フローティングライセンスを使用する環境の設定と構成について説明します。
フローティングライセンス用RedshiftインストーラーはWebリンクよりダウンロードすることができません。
初回納品時にインストーラーに関しての注意をお送りしていますのでご確認ください。
不明な場合はsupport@borndigital.co.jpまでご連絡ください。

オーバービュー

Redshiftは、ネットワーク上のすべてのマシン間でライセンスを共有できるフローティングライセンスの使用をサポートしています。 フローティングライセンスの数によって、Redshiftで同時にレンダリングできるマシンの数が決まります。

フローティングライセンスを使用するには、ライセンスサーバーとして指定したネットワーク上の1台のコンピュータにRLMライセンスサーバーソフトウェアをインストールする必要があります。 ライセンスサーバーは、ライセンスキーを使用してRedshiftライセンスを管理します。 ライセンスキーは、同時にレンダリングできるコンピュータの数と、使用できるRedshiftのバージョンを定義します。

Redshiftは、GPU単位ではなく、マシン単位のライセンスです。 ライセンスを取得すると、マシン上の一意のサブセットに割り当てられた複数のジョブをレンダリングすることを含め、単一のマシン上の任意の数のGPUでレンダリングすることができます。

RedshiftはRLMライセンスサーバーのバージョン12.1BL3を使用し、Windows(32ビットおよび64ビット)、Linux(64ビットのみ)、およびMacOS(64ビットIntelのみ)をサポートします。

  • RLMライセンスサーバーはこちらからご利用可能です。 Windows 64-bitWindows 32-bitLinux 64-bit,macOS 64-bit
  • バンドルには、汎用RLMライセンスサーバーと特定のRedshiftライセンスデーモンが含まれています。
  • Redshiftライセンスdaemonfiles(redshift.setとredshift.opt)は、プラットフォーム固有のものではなく、ここで別途入手することもできます。 Redshiftライセンスデーモンには、RLMサーバーv10.0BL2以上が必要です。

RLMの追加情報およびトラブルシューティングのヘルプは、RLMサポートサイトで見つけることができます:

MACアドレスとライセンスキー

フローティングライセンスのRedshiftライセンスキーを発行するには、イーサネットアドレス(「MACアドレス」または「ホストID」とも呼ばれます)と、ライセンスサーバーとして指定したコンピュータのホスト名を指定する必要があります。 MACアドレスは12桁の16進数です。 これは、bcaec524d7c9、BCAEC524D7C9、BC-AE-C5-24-D7-C9など、いくつかの異なる方法で表示できます。

システムの各ネットワークアダプタにはMACアドレスがあります。(マシンのマザーボードに内蔵されている)「オンボード」イーサネットアダプター、マザーボードのPCIスロットに接続されたイーサネットアダプター、およびモバイルUSBネットワークアダプター(Wi-Fi、Bluetoothなど)が含まれます。

たとえば、サーバーマシンにハードウェア障害が発生した場合、フローティングライセンスを新しいライセンスサーバーマシンに簡単に移動できるため、モバイルネットワークデバイスを使用することが最適な選択肢となります。

ライセンスサーバーのMACアドレスを取得する

Windowsマシン上のMACアドレスのリストを取得するには、コマンドプロンプトを開き、getmac / vまたはipconfig / allコマンドを実行します。

getmac / vを実行している場合は、各ネットワークアダプタのMACアドレスが3列目に表示されます。 ipconfig / allを実行している場合は、各ネットワークアダプタのMACアドレスがPhysical Addressラベルで示されます。

Linuxでは、ifconfigコマンドを使用して、次のような出力を探します。

eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:11:22:33:44:55

MACアドレスは2桁が6ペアとなった16進数です。

使用するネットワークアダプタが不明な場合は、単にgetmac / v(Windows)またはifconfig(Linux)を実行し、出力のスクリーンショットをsupportに電子メールで送信し、適切なものを選択します。

ライセンスサーバーのホスト名を取得する

WindowsおよびLinuxで使用可能なコマンドhostnameは、マシンのホスト名を出力します。

ライセンスサーバーの設定

システム要件

ライセンスサーバーとして指定したマシンは、次の要件を満たしている必要があります。

  • Redshiftでレンダリングされるすべてのクライアントワークステーションとレンダーノードは、TCP / IP経由でライセンスサーバーに接続できる必要があります。
  • ライセンスサーバーは、Windows(XP、7、8または10)32ビットまたは64ビット、Linux 64ビットまたはMacOS 64ビットで実行できます。
  • ライセンスサーバーは、仮想マシンではなく物理マシンでなければなりません。

RLMライセンスサーバーをインストール

ライセンスサーバーバンドルは、ここ(Windows 64ビット版)ここ(Windows 32ビット版)、ここ(Linux 64ビット版)、またはここ(macOS 64ビット版)をダウンロードしてください。 バンドルからファイルを抽出し、ライセンスサーバーマシン上のフォルダに移動します。 フォルダの場所は重要ではありません。

ライセンスキーのインストール

Redshiftから受け取ったライセンスキーファイルを、ライセンスサーバー上の抽出されたRLMサーバーバンドルファイルを含む同じフォルダに置きます。 これは、rlm実行可能ファイル(rlm.exe)を含むフォルダを指します。

RLMライセンスサーバーの起動

ライセンスサーバーは、コマンドラインから実行することも、サーバーを起動すると自動的に起動するようにWindowsサービスとして実行するように設定することもできます。 コマンドラインからの実行はテストには便利ですが、RLMサーバが動作していることが確認されたら、RLMサーバをサービスとして実行することをお勧めします。

コマンドラインからRLMライセンスサーバーを実行する

コマンドラインから、ディレクトリをRedshift RLMサーバファイルを含むフォルダに変更します。

pushd C:\redshift_rlm

ログフォルダを指定して、実行可能ファイルを実行します。

rlm -dlogrlm.log

RLMライセンスサーバーをWindowsサービスとして実行する

通常、サービスをインストールするには、管理者権限が必要です。 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。 コマンドラインから、ディレクトリをRedshift RLMサーバファイルを含むフォルダに変更します。

pushd C:\redshift_rlm

次に、次のコマンドを実行して、rlmサーバーにサービスとしてインストールするように指示します。

rlm -install_service -service_name RLM-Redshift -dlog +rlm.log

その後、RLM-Redshiftサービスを開始する必要があります(初回必要な場合のみ)。

net start RLM-Redshift

 

ライセンスサーバーポートのカスタマイズ

RLMライセンスサーバはデフォルトでポート5053を使用します。 ライセンスファイルを編集してRLMサーバを再起動することで、デフォルトのポートを変更できます。

次のライセンスファイルの例では、RLMサーバポートが5055に変更されています。

HOST localhost 0BABE00BABE0 5055
ISV redshift
LICENSE redshift redshift-core 2014.01 permanent 1 share=h
  min_timeout=120 start=1-jan-2014 customer=00001 issued=1-jan-2014
  replace _ck=acdabe28ba ig="c2N25465jtQi~5Ar=9X01G7Y3WDnqCIc0ihvHoGFc
  K6be~3eqa+RM1szUTU+Zg"

 

既存のライセンスサーバーからのRedshiftライセンスの提供

既に別のソフトウェアパッケージ用にネットワーク上のRLMライセンスサーバーを実行している場合は、Redshiftライセンスを提供するように構成することができます。 Redshiftはv10.0BL2より前のRLMサーバーバージョンでは動作しません。

既存のサーバがこれらの要件を満たしている場合は、既存のrlm.exeを含む同じフォルダにライセンスキーとともにredshift.setとredshift.opt(ここから利用可能で、RLMライセンスサーババンドルにも含まれています)をコピーしてから、 RLMサーバを再起動します。

クライアントマシンの設定

ワークステーションおよびレンダリングノードは、ライセンスの目的でクライアントと呼ばれます。 ライセンスサーバーを見つけライセンスをチェックアウトするために、各クライアントマシンを構成する必要があります。

これを行うには、環境変数redshift_LICENSEを指定します(小文字の 'redshift'が重要です)。 この環境変数は、構文port @ hostnameまたはport @ ip-addressを使用して、ライセンスサーバーのホスト名またはIPアドレスとポート番号を指定します。 RLMサーバーのデフォルトポートは5053ですが、必要に応じてカスタマイズすることができます(たとえば、同じマシン上で動作する他のRLMライセンスサーバーとの競合を防ぐため)。 詳細については、上記の「ライセンスサーバーポートのカスタマイズ」を参照してください。

RLM Web Server

RLMサーバーは、ライセンスサーバーの管理用のWebベースのインターフェースを提供します。rlm.exeの実行時にWebサーバーが自動的に開始されます。 デフォルトでは、Webサーバーはポート5054で待機します。Webインターフェイスを使用するには、Webサーバーでライセンスサーバーの* http:// localhost:5054 *を指すだけです。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。