Created on | Updated on
フォローする

Custom AOVの使用方法

Redshiftの最新バージョンにはCustomAOVが搭載されています。

これによりジオメトリ単位のシェーダーではく、AOVそのものに対してシェーダーを割り当てることが可能になりました。

これまでのAOVだと、Ambient OcclusionAOVを設定した場合、ジオメトリ自体にAOシェーダーが適用されていないとAOVの中が空になってしまっていました。

そこでCustomAOVを作成し、そのCustomAOVのDefault ShaderにrsAmbientOcclusionを接続します。

わかりやすくAOV名をCustomAOとしました。
これでRedshift Renderviewでレンダリングを行ってみました。

これでジオメトリに適用せずに必要なシェーダーの結果を取得することができます。

次にマテリアルIDを色として保存するようにCustomAOVを設定します。

Custom AOVを作成し、名前をIDとします。

次にRedshiftStoreColorToAOVノードを作成します。

オブジェクトに割り当てられているマテリアルのOutCOlorをStoreColorToAOVのBeautyに接続し、StoreColorToAOVのOutColorをShdingGroupのRedshift Surface Shaderに接続します。

rsStoreColorToAOVノードでAdd New Itemをクリックし、事前に作成しておいたIDというCustom AOVを指定し、横のスライダで色を決定します。

同じマテリアルが割り当てられたオブジェクトを同一カラーでマスクにすることができました。

新しいStoreColorToAOVを追加し、異なるマテリアルを同じID AOVに異なる色で格納するように設定します。

このような感じでマテリアル単位のマスクを同じAOVに格納していくことも可能です。