フォローする

カスタムAOVについての議論

原文:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/14928/

みなさん、こんにちは、

カスタムAOVのフロントエンドを実装する準備が整ったので、カスタムAOVとあなたが望む機能と最も重要な機能についての議論を始めたいと思います。


ディスカッションを開始するために、ここに計画、追加する実装の順番があります。

新しいAOVシェーダノード

最初は、シェーダデータをAOVファイルに出力するために2つの新しいシェーダノードを追加することを検討していました。

1. AOVレンダリングエレメントへの入力を格納し、それをシェーダグラフに渡す、1つの入力と出力を持つ単純なノード。

2.Beautyに影響を与えないAOV専用のインプットの追加セットをもつ、BeautyインプットとBeautyアウトプットを伴う「Pass Through」ノード。これはSoftimageの「Color4PassThrough」ノードと同様の概念です。

反射では、ArnoldのaiWriteColorノードと同様に、両方を実行する1つのAOV storeノードを持つ方が簡単だと思います
 長所:一度に複数のAOV専用チャネルに出力するときに使用するシェーディングノードが少なくなりました。
 短所:AOV専用データの複数のセットを保存するには、シェーダをチェーンする必要があります。

以下は、シンプルなArnoldスタイルの連鎖AOV Writeノードを使用して、Beautyに影響を与えることなく、複数のAOVに一度にデータを書き込むことを見越す方法の例です。

代わりのAOV Write シェーダノードは、複数のAOVを一度に処理することができ、複数のAOV書き込みノードを連鎖させる必要がなくなります。多くのケースで満足するだろうあまり複雑ではないアプローチだと思います。

考え方や好みがありますか?人々を混乱させないならば、両方のノードを追加するのを止めるものはありません。

新しいカスタムAOVタイプ

このレンダリング要素を作成すると、シェーダーグラフを定義するオプションが追加されるように新しいCustom AOV タイプを追加します。V-RayのExtraTexレンダリング要素と同様に、これは、別のレンダーパスのように機能します。これは、多くの人々が求めているものであり、AO AOVから期待されるものです。 そして、われわれは混乱した(そして半分無駄な)AO AOVを引退させます。

 

Light Group AOVs

これは汎用カスタムAOVサポートの直後に公開する予定です。 これには、当社のコア技術に対するいくつかのさらなる強化が伴いますが、11月にオンラインになるはずです。 これらのライトグループAOVには、セカンダリバウンス(プライマリレイだけでなく)も含まれているので、非常に強力でなければなりません。Beautyを再構築するためのアイデアは、単純にEmission AOVとライトグループAOVを一緒に追加することで終了です!

 

Light Path Expressions Support

あらゆる種類のAOVオーバーライドオプションでシェーディングノードを乱雑にする代わりに、強力なLight Path Expressionサポートを追加したいと考えています。 LPEは非常に強力であるために複雑になる可能性があるため、これはかなり大きな作業です。 私たちはまだExpressionのフォーマットを確定していませんが、OSL、Arnold、RenderManのような包括的なものを持つことを望みます。

https://github.com/imageworks/OpenShadingLanguage/wiki/OSL-Light-Path-Expressions

一般的なAOVの近代化

最後に、私たちは、AOVの名前を「近代化」して、RSマテリアルシェーダの実際のデータと命名用語をより一致させることを検討しています。 また、これは、RenderManとArnoldで使用されているような、AOVによく似た名前付けにLPEを進めるために重要です。 たとえば、Global Illumination は、実際には、実際のシェーディング用語では「indirect diffuse」です。 Specular Lightingは実際には「direct reflection」です。 Diffuse Filterは実際には「diffuse albedo」です。 このAOVの名前を下位互換性のあるものにすることができれば、これは良い考えだと思います。 この名前変更スキームに関する設定や懸念事項はありますか?

最後の質問...

レイヤー化された反射のような、レイヤー状の「ローブ」AOVを分離することの重要性はどれくらいですか?これらレイヤーは、ベース反射および二次コーティングレイヤーを有するRS Materialのようなマルチローブマテリアルさえも含む
マテリアルブレンディングを起因する可能性があります。原則としてこのデータをAOVにパイプすることはできますが、これを公開する方法やレイヤー命名方式をどのように公開するかは決めていません。この機能の「特殊なケース」の性質を考えると、 追加するならば、おそらく私たちのLPEを介して公開されます(上記のLPEリンクのトピック「カスタムラベル」を参照)。

あなたの考えや提案をお知らせください...

Cheers,

Rob

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。