フォローする

Multi-Entity と Entityの違いについて

ShotgunのFiedのタイプに”Multi-Entity” と ”Entity” というものがあります。
これはShotgunでエンティティ間のリンクを行う上で、
とても重要な(便利な)Fieldとなります。
これらの”Multi-Entity” と ”Entity”は任意に設定をするとができます。

Multi-Entityは、Shotgunのデフォルト設定でいうと


 ・ShotエンティティのAssetフィールド
 ・AssetエンティティのShotフィールド

になります。この関係は、お互いがMulti-Entityでつながっています。
これは、データの階層構造は持たずに、並列にリンクを持たせる関係です。

(例)
 Shot側から見たデータ
 Shot001で使用されるモデル(Asset)→ CH01,CH03,CH04

 モデル(Asset)側から見たデータ
 CH01が使用されるShot → Cut001,Cut002,Cut010

というようにMulti-Entityでつながっていると、
両方に複数のリンクを貼ることができます。

管理項目をShotやAssetの別々のエンティティで分けていても
相互にデータをリンクして、ステータスマークを表示することができるので、
関連先から、関連元の進捗が分かりやすくなります。
これはShotgunの機能の大きな特徴です。

-----

一方、Entityの場合は、リンクを一つしか持てません。

デフォルトの設定だと、
SequenceエンティティでのShotフィールド
→Multi-Entity

ShotフィールドのSequenceエンティティ
→Entity

となります。

Sequence側から見たデータ
Sequence01で使用されるShot Cut001,Cut002,Cut003

Shot側から見たデータ
Cut001が所属しているSequence Sequence01(のみ)

ということになります。
Sequenceは情報として、複数のShotのリンクを持てますが(Multi-Entity)
Shotは親となる上の階層となるSequenceのリンクは1つしか持てません(Entity)

新しく階層を作る場合の参考はこちらです。
エピソード単位でのプロジェクト管理

新しく、EntityタイプのFieldを作成する場合は、下になる階層でFieldの作成を行い、
"Entity"のタイプで上のエンティティを指定するとうまくいきます。

■参考
新しいエンティティでタスクを管理したい(Custom Entity)

ShotとAssetの情報をリンクさせる

Entity,Multi-Entity タイプのField削除について




0 コメント

記事コメントは受け付けていません。