Created on | Updated on

Substance Painte Version 2021.1 (7.1.0)リリースノート

原文 https://docs.substance3d.com/spdoc/version-2021-1-7-1-0-205358288.html

Substance Painter 2021.1 (7.1.0) では、ジオメトリマスクやレイヤースタックでのエフェクトのコピー&ペーストなど、いくつかの新機能と改善点が紹介されています。

リリース 2021年1月28日

このリリースでは、Ubuntuの最低サポートバージョンが18.04に、MacOSの最低サポートバージョンが10.14に引き上げられています。詳細については、システム利用要件を参照してください。

主な機能

新しいジオメトリマスク

header_geo_mask.jpg

ジオメトリマスクは、メッシュ名や UV タイルに基づいたジオメトリを隠すことができるレイヤースタックの新しいマスクツールです。これは、UDIM番号に基づいてジオメトリをマスクするUV Tile Maskを進化させたものです。

この新しいツールは、いくつかのエンジン最適化の恩恵を受けることができるため、通常のペイント(またはポリゴンフィルを使用する場合)よりもジオメトリをマスキングするのに適しています。 また、ジオメトリ情報(面や頂点など)を保存せず、代わりにメッシュ名やUVタイル番号だけを保存するので、メッシュを再インポートしてもマスクが壊れることはありません。 もう 1 つの利点は、ジオメトリを隠すことで、テクスチャ セット内ではアクセスできなかったサーフェスにペイントすることができ、オブジェクトを複数のテクスチャ セットに分割する必要がなくなります。

レイヤの新しいジオメトリマスク

ジオメトリマスクは、レイヤスタック内のどのレイヤでも自動的に使用できます。デフォルトでは何の効果もなく、レイヤーが完全に表示されています。ジオメトリマスクには独自のコンテクストメニューがあり、 すべての項目を素早く選択したり選択解除したりできるだけでなく、 その値を別のレイヤーにコピーすることもできます。

layer_stack_geo_mask_icon.png

geo_mask_contextual_menu.png

ジオメトリマスクプロパティの編集

ジオメトリマスクは、他のレイヤーのコンテキスト(マスクやインスタンスプロパティの編集など)と同じロジックに従います。ジオメトリマスクの編集モードに入るには、レイヤーの右側にある点線で囲った四角をクリックします。ジオメトリマスクを終了するには、同じレイヤのコンテンツまたはペイントマスクをクリックします。

geo_mask_editing.gif

メッシュ名またはUVタイルによるマスキング

ジオメトリマスクプロパティの上部には、マスキングモードを制御するドロップダウンがあります。UVタイル番号でマスキングするか、メッシュ名でマスキングするかを選択することができます。 このドロップダウンは無効になっており、プロジェクトがUVタイルワークフローを使用しない場合にのみメッシュ名に設定されます。

geo_mask_masking_mode.png

プロパティによるジオメトリのマスキング

ジオメトリ マスクを編集すると、プロパティ ウィンドウには、現在のテクスチャ セットに関連するジオメトリに基づくメッシュ名(または UV タイル)のリストが表示されます。

  • リストの上の数字は、利用可能な合計のうち、どれだけのメッシュ/UVタイルがアンマスクされているかを示しています。
  • 数字の横にあるメニューでは、すべての項目を選択したり、現在の選択を反転させたりするためのクイックコントロールを提供します。
  • 以下のリストでは、どの項目がマスクされているか、マスクされていないかを定義しています。アプリケーションの他のリストと同様に、クリックしてドラッグすることで複数の項目を一度に有効化/無効化したり、ALT+クリックで項目を分離したりすることができます。

geo_mask_menu.gifgeo_mask_quick_list_edit.gif

ビューポートを使ったジオメトリのマスキング

ジオメトリマスクの選択は、2Dビューと3Dビューでも変更できます。表示/非表示にしたい部分にマウスを移動してクリックするだけで、その状態を切り替えることができます。ジオメトリマスクを編集すると、マスクされたジオメトリがグレーと斜線のエフェクトで表示されます。 また、複数の項目を一度に選択するために、クリック&ドラッグすることで矩形選択を行うことも可能です。

geo_mask_editing_viewport_3d.gifgeo_mask_editing_viewport_2d.gif

隠された/到達不可能なジオメトリをペイント

ジオメトリマスク でマスクアウトするジオメトリを選択した後、ビューポートの上部にある除外されたジオメトリを非表示/無視ボタンを有効にすることができます(または ALT+H ショートカットを押して)。この機能を有効にすると、除外されたジオメトリは(他のテクスチャ セットと同様に)非表示になり、現在のレイヤに含まれている/ペイント可能なジオメトリのみが表示されます。このオプションを使用すると、以前は妨害されていたり、手の届かないところにあった領域を塗ることができます。このオプションはあらゆる種類のレイヤーにも適用されます。

マスクされたジオメトリを使ったペイントはダイナミックなままです。ペイントを妨害するジオメトリがブラシストロークの作成時に最初に非表示にされ、次にマスクが解除されると、以前に作成されたブラシストロークが再び妨害されます。

geo_mask_paint_through.gif

 

レイヤースタックエフェクトの新コピー&ペースト機能

header_effects.jpg

エフェクトは、通常のレイヤーと同じように、レイヤーやレイヤースタックをまたいでコピーできるようになりました。

複数のエフェクトを一度にコピー&ペーストすることができるように、マルチセレクションも可能になりました。

便宜上、マスクのないレイヤー上のマスクからエフェクトをコピーしたり移動したりすると、自動的にエフェクトが追加されます。これは、レイヤーコンテンツとマスクのエフェクトが相互に互換性がないためです。マスクからレイヤーのコンテンツにエフェクトをコピーすると、自動的にマスクに切り替わります(またはマスクを作成します)。

コンテクストメニューからコピー&ペースト

テクスチャ セットのレイヤ スタック内の任意のエフェクトを右クリックし、カットまたはコピー アクションを選択します。次に、任意のレイヤ上でもう一度右クリックして貼り付けを選択し、目的のエフェク トの移動またはコピーを作成します。また、コンテクストメニューを再構築し、より多くの機能にアクセスできるようにしました。

effects_contextual_menu.png

キーボードショートカットを使ってコピー&ペースト

他のレイヤーと同様に、キーボードショートカットCTRL+C(コピー)/CTRL+X(カット)とCTRL+V(ペースト)を使用して、現在の選択範囲に基づいてエフェクトをコピーすることができます。レイヤーと同様に、エフェクトは現在の選択範囲の上に挿入されます。

copy_paste_effect_keyboard.gif

キーボードショートカットでエフェクトを素早く複製

現在の選択範囲を複製するには、CTRL+Dを使用するか、ALTを押したまま任意のエフェクトをドラッグして希望の場所に複製します。

copy_paste_drag_alt.gif

レイヤー間でエフェクトを移動

コピーや複製に加えて、あるレイヤーから別のレイヤーへドラッグ&ドロップするだけでエフェクトを移動させることができるようになりました。

drag_effects.gif

 

新しい一般的な機能と改善点

header_misc.jpg

このリリースでは、いくつかの改良が加えられています。

UVタイルごとに説明を追加

テクスチャ セット リストを介して各 UV タイルに説明を追加できるようになりました。これにより、特にエクスポートやベーキングの際に、これらのコンテキストでも説明を見ることができるので、プロジェクトをナビゲートしやすくなりました。

説明を追加または編集するには、テクスチャ セット リスト ウィンドウで UV タイルをクリックしてから、テクスチャ セット設定ウィンドウに移動して編集します。

uv_tiles_descriptions.pnguv_tiles_description_baking.pnguv_tiles_description_export.png

新機能 レイヤースタックのサムネイル

最適化されたレイヤースタックのサムネイルが改善されました。塗りつぶしレイヤーに対してマテリアルの球体が表示されるようになり、UVタイルワークフローで作業している場合でも、各レイヤーの主なプロパティを簡単にナビゲートして見ることができるようになりました。サムネイルはレイヤー情報から生成されますが、頻繁に再計算されるのを避けるためにエフェクトは考慮されていません。

layer_stack_thumbnails.png

レイヤスタックでのジオメトリマスクの終了を改善

ジオメトリ マスク (以前の UV Tile Mask) を終了するのは、マスクがない場合、レイヤ スタック内のフォルダでは困難であることが判明しました。 これは、別のレイヤーを選択する以外にスイッチを入れるコンテキストがなかったからです。そこで、フォルダのサムネイルをクリックしてジオメトリマスクを終了できるようになりました。ジオメトリマスクの編集中に、マテリアルまたはスマートマテリアルをシェルフからビューポートにドラッグアンドドロップすることもできます。

geo_mask_folder.gifdrag_drop_geo_mask.gif

新機能 ベイク処理ウィンドウのAlt-Click選択機能

ベイク処理ウインドウ内のメッシュマップのリストはベイクする特定のマップを手動で除外する代わりに、Alt + マウスクリックで隔離できるようになりました。同じショートカットを使用して、すべてのメッシュマップを再有効化することができます。

baking_alt_click.gif

新機能ベイク処理:現在のテクスチャセット設定ボタン

ベイク処理ウィンドウの下部に新しいボタンが追加され、テクスチャ セットをすばやく簡単に再ベイクできるようになりました。 このボタンを使用しても、以前に定義したカスタム選択には影響を与えず、代わりにテクスチャ セット全体(UV タイルがある場合は、そのすべての UV タイルを含む)をベイクします。

bake_current_texture_set.png

新機能 Substance Engine更新

header_substance-engine-v8.jpg

Substance Engineはバージョン8にアップデートされ、最新のSubstanceファイルフォーマットとその機能をサポートしています。

Substance Engineの新機能の詳細については、こちらのドキュメントページをご覧ください。

Irayで新たにNvidia RTX 3000をサポート

banner_iray.png

Irayレンダラーが最新版にアップデートされ、新しいNvidia Ampere GPU(RTX 3000シリーズとQuadro Aシリーズ)に対応しました。


今回のアップデートでKepler GPU(GeForce 600シリーズと700シリーズ)はサポートされなくなり、Irayでのレンダリングは代わりにCPUで行われるようになりました。

新しいコンテンツ

header_content.jpg

このリリースでは3つの新しいステッチツールが追加され、複雑なパターンやリアルなステッチを作成するために使用できます。これらのツールを見つけるには、シェルフのツールセクションで探してください。

  • Stitches Complex
  • Stitches Cross Seam
  • Stitches Straight

ペイントされたステッチの品質を上げるために、コンテキストツールバーのレイジーマウス機能をアクティブにすることをお勧めします。

以下は、これらの新しいツールに含まれるすべてのプリセットの概要です。

tools_overview.jpg

Pythonの新機能

header_python.jpg

Python API にはいくつかの新しい機能が追加されました。ドキュメントも、特にその例を中心に手直しされ、APIをより理解しやすく、学習しやすくなりました。

リソースとシェルフの管理

リソースモジュールが改良され、下記のことができるようになりました。

  • シェルフを作成して管理します。
  • シェルフやプロジェクト内のリソースを検索またはインポートします。
  • シェルフがクロールされているかどうかを知ることができます(リソースの準備ができたときに知ることができます)。
  • シェルフのリソースにカスタムサムネイルを割り当てます。

UVタイルの情報

テクスチャ セットの UV タイル リストを照会できるようになりました。これにより、例えばUDIMタイルの特定の範囲でカスタム エクスポートを作成できるようになりました。

 

プロジェクトのエディションステータス

プロジェクトが編集可能かどうかを知るための機能とイベントが追加されました。これは、計算が進行中でプロジェクトのプロパティを変更できない場合に知っておくと便利です。

Python APIのドキュメントは、アプリケーションのヘルプメニューからアクセスできます。

 

チュートリアル

以下は、新機能を網羅したビデオチュートリアルです。

 

リリースノート

2021.1

2021年1月28日リリース

概要 : メジャーリリース、ジオメトリの一部を選択してペイントできる新しいジオメトリマスク、レイヤースタックでのコピー/ペーストエフェクト、UVタイルワークフローの改善、Iray、Bakers、Substance Engineのアップデート、新コンテンツの追加

 

追加:

 

  • New geometry mask and paint selected parts of the geometry
  • [Geometry Mask] Allow to paint selected parts of geometry by mesh names
  • [Geometry Mask] Rectangular selection in both viewports
  • [Geometry Mask] Allow to hide/ignore excluded geometry on any layer
  • [Geometry Mask][Properties] Quick selection for checkboxes with click and drag
  • [Geometry Mask][Properties][UI] Include/Exclude all with a dropdown in Properties window
  • [Geometry Mask][Properties] Allow to quickly select one item in a list with ALT+LEFT CLICK
  • [Geometry Mask][Properties] Overlay in viewports when hovering Mesh names/UV Tiles in Properties window
  • [Geometry Mask][Layer Stack] Add Copy/Paste options to the geometry mask
  • [Geometry Mask] New icon for Hide/ignore excluded geometry button
  • [Geometry Mask] New tooltip for Hide/ignore excluded geometry
  • [Geometry Mask] Keyboard shortcut ALT+H to toggle on/off "hide ignore excluded geometry" button
  • [UV Tiles][Layer Stack] New Fill layer sphere preview thumbnail for UV Tiles and simplified mode
  • [UV Tiles][Layer Stack] Allow to easily exit the UV Tile mask
  • [UV Tiles][Texture Set List] Allow to give a description per UV Tile
  • [UV Tiles][Texture Set Settings][UI] Two new section titles in the dropdown menu to change UV Tile resolution
  • [UV Tiles][Viewport] Exit UV Tile Mask when dragging a material into the viewport
  • [Layer Stack] Add Copy/Paste options for effects
  • [Layer Stack] Allow to copy/paste effects from one Texture Set to another
  • [Layer Stack] Allow multi-selection of effects
  • [Layer Stack] Add copy/paste options as shortcuts for layer effects
  • [Layer Stack] Automatically switch between mask and content when dragging effects to another layer
  • [Layer Stack] Automatically create a mask when pasting a mask from another layer
  • [Layer Stack] Add move effect actions inside the effects' contextual right click menu
  • [Layer Stack] Allow to drag and drop effects from one layer to another
  • [Layer Stack] Dragging items onto a folder places them on the top of the folder
  • Update Iray to version 2020.1.0
  • [Bakers] Update Bakers to version 2.5.4
  • [Bakers] Display individual UV Tiles in the baking progress window
  • [Bakers][UI] Allow to quickly bake the current Texture Set with a new button
  • [Bakers] Allow user to quickly select one of the bakers with ALT+LEFT CLICK
  • Update Substance Engine to version 8.0.8
  • [Substance Engine] Support Default Color in new .sbsar files
  • [Auto Unwrap] Performance improvement
  • [Export] Add visual feedback to indicate which UV Tile's resolution differs from project's default
  • [Export] Add scene size factor into exported shader json file
  • [Language] Add Japanese translation
  • [UI] Update About window with versioning of internal dependencies
  • [Scripting][Python] Allow to manage Shelf resources
  • [Scripting][Python] Allow to know when a project is ready for baking and exporting
  • [Scripting][Python] Allow to know when a Shelf has finished crawling resources on disk
  • [Scripting][Python] Allow to query the list of UV tiles per Texture Sets
  • [Scripting][Python] Allow to assign custom preview to Shelf resources
  • [Scripting][Python] Allow to manage custom shelves
  • [Scripting][Python] Add a method index in each submodule in the documentation
  • [Scripting][Python] New style for the documentation
  • [Scripting][Python] Improvement of resources and Shelf documentation
  • [Content] Three new tool presets to make stitches
  • [Shelf] Temporarily remove "Export to Substance Share" while transitioning to the new Substance Share platform

修正:

  • Crash when using monitors with different resolutions
  • Crash in Substance Engine with some rare projects
  • Viewport refresh fails with Hide/Ignore Excluded Geometry when switching layers
  • [2D View] 2D Viewport can be missing on some projects
  • [Baking] "Match by mesh name" ignores parts of the object
  • [Layer Stack] Clicking on a layer effect opens folder
  • [Geometry Mask] UV Tile is still counted in mask even when reimporting the mesh without it
  • [Geometry Mask] Right click menu in the viewport does not provide the correct tools
  • [Engine] Heavy lags on particular projects
  • [Scripting] High latency with remote JSON POST requests on Windows
  • [Linux] Vram amount is not detected properly with specific integrated GPUs
  • [Auto Unwrap] Crashes or long unwrap on some projects

 

 

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ