Created on | Updated on

マルチユーザーライセンスの設定

■概要

Maya、3dsMaxなどのAutodesk製品のマルチユーザーライセンスにおける設定方法について説明します。

 

■はじめに

Autodesk製品のご購入時に登録したメールアドレスがAutodeskアカウントのサインイン用のメールアドレスになっております。こちらがご購入ライセンスの契約管理者のAutodeskアカウントとなり、ライセンス管理、ライセンスファイルの作成、製品のダウンロードはこちらの契約管理者のAutodeskアカウントを通じて行います。

 

■設定方法

マルチユーザーライセンスの設定方法ですが、下記手順となります。

  1. ネットワークライセンスファイルの作成
    Autodesk Account でネットワーク ライセンス ファイルを生成する

  2. ライセンス管理ツール Autodesk Network License Manager のインストールおよび環境設定
    Autodesk製品:マルチユーザー(ネットワーク)ライセンス設定(Windows)

  3. ユーザーマシンへのAutodesk製品のインストール
    Autodesk製品のインストーラーは契約管理者のAutodeskアカウントでダウンロードを行い、外付けハードディスクやネットワーク共有フォルダを通じて必要なユーザーに配布を行って下さい。

    ※ Autodeskアカウントでは、"今すぐインストール"、"今すぐダウンロード"、"ブラウザダウンロード"の3つの方法でのダウンロードが提供されています。マルチユーザーライセンスの場合、インストーラーの配布を考慮すると、パッケージファイルでダウンロードが可能な"ブラウザダウンロード"をお勧めします。
    Autodesk Account で[ブラウザ ダウンロード]の方法を使用する

    クライアントマシンにAutodesk製品をインストール後、初めて起動するときにライセンスタイプの選択、ライセンスサーバー情報の入力を行うダイアログが表示されますので、下記ページを参考に設定を行ってください。


    Autodesk2020マルチライセンスインストール クライアントPC

 

以上で、設定は完了です。

 

 

■参考情報

LMtoolsのライセンスサービス保存時に、"Windows preferred path \ProgramData to store service data is not set."の警告が表示される

 

■その他情報など

- Autodesk製品の前バージョンに関する情報

https://knowledge.autodesk.com/ja/customer-service/account-management/users-software/previous-versions

- Autodesk製品の更新プログラムのダウンロードについて

Autodesk製品の更新プログラム、アドオン、拡張機能をダウンロードする

- Autodesk製品の仮想環境へのインストールに関して

仮想インストールのガイドライン

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ