Created on | Updated on

Arnold6ライセンスサーバーへの接続設定

■概要

クライアントマシンからArnold6のFlexlmライセンスサーバーへの接続の設定を行い、Arnoldライセンスが取得する手順について説明をします。

 

■設定手順

Arnoldマルチユーザーライセンス(ネットワークライセンス、フローティングライセンス)を持っている場合、Arnold License Managerよりライセンスサーバーの参照の設定を行うことが可能です。

  1. Arnoldプラグインのメニューから Licensing > License Manager を実行し、Arnold License Managerを起動します。
  2. Arnold License Managerに"Server list is currently overridden"というメッセージが表示されている場合、環境変数"ADSKFLEX_LICENSE_FILE"が設定されており、Arnoldは"ADSKFLEX_LICENSE_FILE"の設定を使用してライセンスサーバーに接続します。

    Arnold License Managerを使用してライセンスサーバーに接続する場合、環境変数"ADSKFLEX_LICENSE_FILE"をシステムから削除する必要があります。

    alm_server_list_overridden.jpg

  3. 必要に応じて、License > Switch to Network Licensing でNetwork(Autodeskの年間サブスクリプションを購入した場合)に、License > Switch to RLM(Legacy) でRLM(Solidangleでマンスリーのネットワークライセンスを購入した場合)に変更します。
  4. [Add]ボタンをクリックします。Add License Server ダイアログの表示されますので、Hostにライセンスサーバーのホスト名もしくはIPアドレス、特定のポートを使用する場合にはPortにポート番号を入力します。

    Hostにライセンスサーバー名を入力する際に、頭に"@"をつける必要はありません。
    Portを空白にした場合、27000~27009のいずれかのポートが使用されます。

    alm_add_license_server.jpg

    入力後、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 下図のように表示がされていれば、Arnoldライセンスが使用できる状態になっています。

    alm_network_status.jpg

 

参考URL:

環境変数"ADSKFLEX_LICENSE_FILE"でライセンスサーバーを指定する場合、下記ページを参考に設定を行って下さい。

Arnoldのライセンスサーバーを指定する[Autodesk License(Flexlm)]

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ