Created on | Updated on

Houdini でプログラミング:ハーフエッジ

概要

mceclip0.png

Houdini での制作は基本的にノードベースであり、プログラミングを必要としません。
しかし Houdini がサポートする PythonやWrangle などの言語を使うことで、これらのノードを制御し、さらに柔軟な表現が可能になります。

mceclip4.png

本記事では、VEX にて扱うことができるハーフエッジについて Wrangle を用いて解説します。

SideFX:https://www.sidefx.com/ja/docs/houdini/vex/halfedges.html

mceclip3.png

mceclip5.pngmceclip6.png
たとえば上のように分割された Grid があるとします。
このとき、6 つのポイントを頂点とするハーフエッジはそれぞれ

0→1:0
1→3:1
3→2:2
2→1:3
2→3:4
3→5:5
5→4:6
4→2:7

となります。

ハーフエッジ番号を確認する関数に pointhedge() があります。

mceclip7.png
pointhedge(geometry, source point, destination point)

とすると、

mceclip8.png
となり、ポイント 2, 3 間のハーフエッジが確認できました。
ハーフエッジは方向性を持つため、同じ二つのポイント間でもエッジの向きによって番号が変わります。

mceclip9.png
他にも、ハーフエッジ番号から source point を取得する関数や、

mceclip10.png
ハーフエッジ番号から destination pointを取得する関数もあります。

Vertex や Primitive を取得する関数もあるため、エッジから他の要素を得るために利用できます。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ