Created on | Updated on

Nuke 12.2v3リリースノート

Nuke 12.2v3でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

  • macOS Mojave (10.14) または macOS Catalina (10.15) ※パフォーマンスの強化のためmacOS Mojaveをご利用のお客様は10.14.6にアップデートしてください。
  • Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 7.4 (64-bit)またはそれ以降

新機能

NUKE Indie

サードパーティのOFXプラグイン、H.264の読み取りと書き込み、およびACCオーディオの制限がNuke Indieから削除されました。 Nuke Indieの制限の詳細については、Foundry Learnを参照してください。

機能強化

BUG ID 383567-新しい環境変数NUKE_DISABLE_FRAMESERVERが追加され、
Nukeのフレームサーバーを無効にします。 値を1に設定するとフレームサーバーが無効になり、0に設定すると有効になります。

バグ修正

• BUG ID 132581/418354-DopeSheet:[フレーム範囲の同期化]を有効にして作業フレーム範囲を設定しても、カーブエディターで同じ範囲が設定されませんでした。
• BUG ID 229671-Linuxのみ:CameraTracker UserTracksタブでImport Tracksをクリックすると、Nukeが応答しなくなりました。
• BUG 233945-HieroPlayer:自動保存されたプロジェクトのタイムラインをHieroPlayerで編集できませんでした。
• BUG ID 243240-タイムライン編集:.movや.mp4などの特定のコンテナー形式は、1フレームを
スプレッドシートビューと比較したときのタイムラインの開始フレーム。
• BUG ID 388705-Python:顧客のガベージクリーンアップスクリプトを実行すると、Nukeがクラッシュしました。
• BUG ID 398188-Python:スクリプトエディターでnuke.scriptClear()を複数回呼び出すと、Nukeが
クラッシュしました。
• BUG ID 403643-Linuxのみ:保存する前に[File]> [Close comp]をクリックすると、Nukeがクラッシュしました。
• BUG ID 418068-Read/Write:Apple ProResコーデックを使用して書き込まれたファイルは、mov64デコーダーを使用して読み取るとアーティファクトを生成しました。
• BUG ID 428432-USD:サポートされていないファイルのロードは警告なしに失敗し、警告は表示されませんでした。
• BUG ID 429293-HieroPlayer:[Lincense Error]ダイアログで[Quit]をクリックすると、アプリケーションがクラッシュしました。
• BUG ID 429749-QuickTime参照ファイルを読み取ると、Nukeがクラッシュしました。
• BUG ID 431921-Python:hiero.core.projects()[-1] .endUndo()を呼び出すと、アプリケーションがクラッシュしました。
• BUG ID 438219-Python:長さの異なるアイテムを含むQComboBox()オブジェクトが正しく整列していませんでした。
 • BUG ID 438224-Python:作成後にQComboBox()に項目を追加すると、サブウィジェットのテキストが切り捨てられます。
• BUG ID 439958-USD:.abcまたは.usdファイルをロードすると、[変換]タブのコントロールが無効になることがありました。
• BUG ID 440295-Python:addItems()を呼び出しても、ReadGeoのシーングラフが期待どおりに更新されませんでした。
• BUG ID 440566-USD:アイテムの親の状態のオンとオフの切り替えが期待どおりに機能しませんでした。
• BUG ID 441429-USD:顧客のポイントインスタンス化された.usdaファイルにより、Nukeがクラッシュしました。
• BUG ID 441989-USD:.usdファイルを正常にロードした後でサポートされていないファイルをロードすると、Nukeがクラッシュしました。
• BUG ID 442045-Nuke Indie:アプリケーションのショートカットの名前が間違っていました。
• BUG ID 443584-CaraVR:C_GlobalWarpノードの下流にParticleEmitterノードを作成すると、Nukeがクラッシュしました。
• BUG ID 443868-モニター出力:特定のBlackmagic Designデバイスが応答しなくなることがありました。
• BUG ID 444806-Sync Review:同じ名前のシーケンス間で切り替えても、クライアントマシンのタイムラインとビューアが更新されませんでした。

上記以外の情報はNuke12.2v3リリースノートをご参照ください。
Nuke 12.2v3リリースノート

Nukeの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/nuke/download

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ