Created on | Updated on

Nuke 12.2v1リリースノート

Nuke 12.2v1 でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

macOS Mojave (10.14) または macOS Catalina (10.15) ※macOS Mojaveを使用している場合は10.14.6へアップデートしてください。
Windows 10 (64-bit)
CentOS 7.4 (64-bit)または最新バージョン

 

新機能

USD のインポートサポート

 Nuke 12.2では、NukeでのUSDのネイティブサポートが導入されました。これにより、アーティストはNukeのReadGeoノードを使用してUSDデータを読み取ることができ、改良されたシーングラフUI、法線、カラーデータ、アニメーションジオメトリなどのサポートにより、USDに含まれるジオメトリを操作できます。ReadGeoの拡張機能はオープンソース化され、これらのアップデートをカスタムのUSDツールに統合できるようになります。

 

SyncReview (Beta)

 リモート作業がこれまで以上に重要になっているため、Nuke 12.2でSyncReviewの最初の実装を導入しました。Nuke Studio、Hiero、HieroPlayerの複数のセッションを同期する機能をチームに提供し、複数の場所にいる2人以上のユーザーが共同でフッテージをレビューおよび注釈付けできるようにします。ネットワークストレージへの接続、DropBoxなどのクラウドストレージへの接続、ローカライズされたファイルの操作など、すべての参加者はライブ再生とビューアコントロール、ソフトエフェクトパラメータ、バージョン間の切り替えにアクセスできます。さらに、プッシュ更新により、ユーザーはセッションと常に同期できます。ユーザー数と解像度は、ハードウェアと帯域幅によってのみ制限されます。

 

フローティングライセンスのローミング

 フローティングライセンスを所有のユーザは、期間付きののサーバにあるフローティングライセンスを「チェックアウト」できるようになりました。これにより、アーティストがオフラインで作業したり、ライセンスサーバーにアクセスしなくても作業できるようになります。これらのライセンスは最大30日間チェックアウトでき、現在のNuke、NukeX、Nuke Studio、およびHieroインタラクティブライセンスで利用できます。これにはローミングが有効なライセンスが必要です。

新しいQuickTimeサポート

Nuke 12.2は、QuickTimesと連携するためのより安定したシステムを提供する新しいMOVリーダーおよびライターを導入し、以前の32ビットおよび64ビットのQuickTime読み取りおよび書き込みサポートをより安定したシステムと合理化されたUIに置き換えます。このアップデートでは、Windows、macOS、およびLinux全体で更新されたよりパフォーマンスの高いH.264エンコーディングを含め、オペレーティングシステム全体でより広範なQuickTimeコーデックのサポートが導入されています。

機能強化

ファイルフォーマットサポートの追加

DNxHR サポートの拡張

DNxHR .movsのエクスポートがNukeファミリーに追加され、DNxHR MXFがNuke StudioとHieroに追加されました。これにより、タイムライン製品は、Nuke 12.1でNukeに追加された機能と同等になります。

カメラファイルフォーマットのアップデート

RED SDKがバージョン7.3に更新され、最新のKomodoカメラのサポートが追加されました。REDフッテージを使用したワークフローも改善されており、Readノードに関連するSDK情報を表示することから、REDのクロマノイズリダクションを使用する高度なオプションまであります。新しいIPP2カスタムモードでは、カラースペースとガンマ曲線を完全に制御できます。これは、標準のIPP2画像パイプラインでは通常制御できないものです。Sony SMDKバージョンもアップグレードされました。

ACCエンコードされたオーディオのサポート

Nuke Studio、Hiero、およびHieroPlayerは、AACエンコードされたオーディオトラックの読み取りと再生をサポートするようになりました。Nuke 12.1は、オーディオを保持する.movコンテナーのサポートをLinuxおよびWindowsに導入しました。これにより、オーディオを抽出して別のWavファイルとしてインポートする必要がなくなりました。

 

 

バグ修正や上記以外の情報は12.2v1 リリースノート原文をご参照ください。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ