Created on | Updated on

AfterFLICS Tools Windows

FumeFXのライセンス管理ツールである、AfterFLICS Toolsは製品をインストールすると同時にインストールされますが、手動でインストールすることも可能です。

  • FumeFXメンバーサイトにログイン
    https://www.afterworks.com/MEMBERS/Login.asp

    ライセンスが紐づいたログインアカウントをお持ちでない場合、下記の記事を参考に作成してください。
    https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/360008012974

  • Licensingをクリック
    mceclip0.png

  • 該当バージョンのインストーラーをクリックしてダウンロードします。
    mceclip1.png

  • ダウンロードしたインストーラーを使用して、AfterFLICS Toolsをインストールしてください。
  • インストール後、AfterFLICS Toolsを起動します。

[Service]タブ

mceclip3.png

何らかの理由でAfterFLICSサービスのインストールに失敗した場合は、「Service」メニューの「Install」を押すことで手動でインストールすることができます。

mceclip4.png

通信ポートは、AfterFLICSサーバとゲスト(クライアントPC)が通信するポートのことです。AfterFLICS.ini内のポート番号を変更した場合は、"Service"メニューの "Restart" オプションを押す必要があります。
AfterFLICSのアップデートを手動で行う場合は、"Service"メニューの"Stop"を押し、アップデートが終わったら"Start" を押してください。

[ licenses ] タブ

mceclip5.png

インストールされているライセンスの種類と数を確認できます。Reported plugin version は、インストールした最新のアップデートを反映していません。
代わりに、オーソライズコードを取得したバージョンがプラグイン名の後ろに記載されます。AfterFLICS ツールは、使用中のライセンス数を自動的に更新します。

Refresh -ライセンスリストを手動で更新します。

Show Usage -このオプションを有効にすると、現在いずれかのライセンスを使用しているコンピュータが一覧表示されます。

メッセージウィンドウ

下部のステータスウィンドウには、AfterFLICS Serverからのメッセージが表示されます。

フォーマット:

[time][message type:Guest] [plugin name and version] message

message type:

MSG - 一般的なメッセージ

ERR -どのエラーが発生したかが表示されます。おそらく、ERRメッセージタイプのものが表示されるとAfterFLICSが正常に動作しなくなることがほとんどだと思います。

Guest:

AfterFLICSサーバに接続しているゲストのIPです。IP「127.0.0.0.1」は、「ループバック」アダプターのアドレスです。1台のコンピュータで1つのライセンスのみを使用している場合は、このIPアドレスのみが表示されます。

plugin name:

プラグインの名前。

message:

現在の状況

コマンドラインオプション

AfterFLICS_tools.exeは、以下のコマンドラインオプションで起動できます。

-t はサービスを停止します。

-s はサービスを開始します (最初にインストールする必要があります)。

-u はサービスをアンインストールします (最初に停止する必要があります)。

-i はサービスをインストールします。

-l は、ライセンスサーバのライセンスを一覧表示し、AfterFLICS ツールを起動したフォルダ内にある aflics_inf.txt に保存します。

注:AfterFLICSのすべての操作には、ユーザーが管理者権限を持っている必要があります

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ