Created on | Updated on

AfterFLICS.ini

このファイルには、AfterFLICS サーバーの情報が含まれています。

初期状態では、このファイルは以下のようになります。

[Port]
5022

[Servers]
localhost

[Guests]
everyone

<end>

いくつかのセクションがあることがわかります。
ここでは、各セクションについて説明します。

[Port]

AfterFLICSは、FTPやTELNETなどのサービスと同様に、Server<=>Guestの関係で通信を行うために1つのポート番号が必要となります。

デフォルトでは5022に設定されています。何らかの問題が発生した場合は、この番号を変更してみてください。

ポート番号を変更した場合は、全てのゲストコンピュータのポート番号を変更し、AfterFLICSサービスを再起動することを忘れないでください。

[Servers]

AfterFLICSサーバのデフォルトの名前は "localhost "です。"localhost "は実際にはローカルマシンです。

大規模な会社では、すべての "Guest"コンピュータでネットワーク上でライセンスを共有したい場合は、「サーバ」コンピュータ名またはIPアドレスを追加する必要があります。

大規模な会社では、クライアントコンピュータでネットワーク上のライセンスサーバーに存在するライセンスを共有したい場合は、ライセンスサーバーのコンピュータ名またはIPアドレスを追加する必要があります。

[Guests]

このセクションは、ライセンス サーバーであるコンピュータにのみ重要です。このセクション内にリストされているコンピュータのみがライセンスにアクセスできます。

また、「everyone」というキーワードを使用して、すべてのコンピュータにアクセスを許可することもできます。

<end>

これはiniファイルの終了を表します。この行は削除しないでください。

ここでは、ネットワークオーソライズの例を示します。

5 台のコンピュータと MainComp という名前のコンピュータに「N」個のライセンスがインストールされています。クライアントPCはComputer1 - Computer5というように命名されています。
各Computer1 - Computer5の.iniファイルは次のようになります。

[Port]
5022

[Servers]
MainComp

[Guests]
localhost

<end>

ローカルコンピュータにはライセンスがインストールされていないため、[Servers]リストから "localhost "を削除しました。

MainComputerの.iniファイルは以下のようになっているはずです。

[Port]
5022

[Servers]
localhost

[Guests]
localhost
Computer1
Computer2
Computer3
Computer4
Computer5

<end>

 注意: 全員にライセンスへのアクセスを許可したい場合は、[Guests]セクションを次のように書き換えることができます。

[Guests]
everyone

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ