Created on | Updated on

Nuke 12.0v7リリースノート

Nuke 12.0v7でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

macOS Mojave (10.13) or macOS Catalina (10.14)
Windows 10 (64-bit)
CentOS 7.4 (64-bit)または最新バージョン

新機能について

このリリースには新機能はありません。

機能強化

このリリースには機能強化はありません。

バグ修正 

• BUG ID 303603 - Window のみ: スクリプトエディターでnuke.executeInMainThreadWithResult()を呼び出すと、SystemError:「error return without exception set」というメッセージが表示されました。

• BUG ID 399154 - スタックで使用可能な破損したバージョンまたは不完全なバージョンを使用してバージョンアップまたはダウンすると、アプリケーションがクラッシュしました。

• BUG ID 402548 - NDK: マウスオーバーイベントが、deepEngine()を不必要に呼び出しました。

• BUG ID 405258 - ReadGeo: .abcまたは.fbxファイルをノードグラフにドラッグすると、ReadGeo2ノードではなく、ReadGeoノードが作成されました。

• BUG ID 405270-Python:ソフトエフェクトを別のフレームに移動すると、Pythonでエフェクトが無効としてマークされました。

• BUG ID 409405-同じ名前のNukeスクリプトと同じディレクトリにあるクリップをバージョンアップすると、アプリケーションがクラッシュしました。

• BUG ID 410467-Python:関数内でPyScript_Knobキーワード引数が正しく呼び出されませんでした。

• BUG ID 413861 - Export: 特定のコンプの再エクスポートが期待どおりに機能しませんでした。

• BUG ID 416120 - LiveGroups: [node]タブの[Copy to group]ボタンが、カスタムタイルの色を使用するLiveGroupで期待どおりに機能しませんでした。

• BUG ID 416121 - LiveGroups: [node]タブの[Copy to group]ボタンは、カスタムユーザーノブをグループにコピーしませんでした。

• BUG ID 419010 - Timeline Editing: 旧バージョンのNuke Studioと比較して、トラックの表示の有効化と無効化が遅くなりました。

• BUG ID 420675 - Linux only: ビューアのRotoPaintリップル編集アウトラインが正しく描画されませんでした。

• BUG ID 420676 - Python:KnobChangedコールバックがColorspaceノブを正しく更新しませんでした。

• BUG ID 431332 - NDK: libstudio.soがboost_pythonシンボルを誤ってエクスポートしました。

• BUG ID 431656 - Python: Moving a soft effect to a different frame Pythonically caused Nuke Studio
to crash.

• BUG ID 438743 - ソフトエフェクト:特定のOCIOFileTransformエフェクトを無効にしてから有効にすると、Nuke Studioが応答しなくなりました。

• BUG ID 438788 - アーティファクトがビューアに時々表示され、幅が8192ピクセルを超える画像でレンダリングされます。

上記以外の情報は12.0v7リリースノート原文をご参照ください。

Nuke 12.0v7リリースノート

Nukeの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/nuke/download/previous

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ