Created on | Updated on

Nuke 12.1v2リリースノート

Nuke 12.1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

macOS Mojave (10.14) or macOS Catalina (10.15)
Windows 10 (64-bit)
CentOS 7.4 (64-bit)または最新バージョン

新機能について

このリリースには新機能はありません。

機能強化

このリリースには機能強化はありません。

バグ修正 

BUG ID 284030 - Blinkscriptノードを含むノードツリーをレンダリングすると、node_hashメタデータ値がランダムに生成されました。
• BUG ID 377967 - SmartVectors:SmartVectorツールセットノードをノードグラフに追加すると、エラーが表示されました。
• BUG ID 402330 - High DPI: ノイズ除去のノイズ分析メッセージがビューアで遮断されました。
• BUG ID 409454 - High DPI: 高DPI対応のモニターで、GridWarpTrackerのグリッド線のUIが間違ったスケールでレンダリングされていました。
• BUG ID 409507 - High-DPI: 4KディスプレイでGridWarpTrackerのビューアオーバーレイが正しく表示されない。

BUG ID 410493 - High DPI: 現在のフレームインジケーターがタイムラインでずれていました。
• BUG ID 412053 - High DPI: Tアプリケーションを高DPIモードで使用すると、ラベルフィールドに境界がありませんでした。
4Kモニターで、モニタースケールのパーセンテージを100%に保ちます。
• BUG ID 414631 - LensDistortion: フレームサーバーまたはコマンドラインを使用した画像のレンダリングが予想通りに機能しない。
• BUG ID 414828 - ProRes QuickTimeに不正なカラーメタデータが含まれ、原色をRec.709ではなくRec.601として識別しました。
• BUG ID 415797 - High DPI: ノード名のテキストが垂直方向に中央揃えされませんでした。
• BUG ID 418251 - High DPI: 列ヘッダーが薄い灰色に変更されました。
• BUG ID 418261 - High DPI: プルダウンノブの間隔が変更されました。
• BUG ID 419156 - Windowsのみ:列ヘッダーのテキストがテーブルの中央に正しく配置されませんでした。
• BUG ID 419489 - Kronos/OFlow: 負の値を持つビューアをKronosまたはOFlowノードに接続
バウンディングボックスが原因で核がクラッシュしました。
• BUG ID 419842 - PlanarTracker: トラック範囲の[ビューア]ボタンをクリックしても期待どおりに機能せず、ExecuteDialogエラーが表示されました。
• BUG ID 420296 - GPU Caching: バイリニアフィルターが有効になっているC_STMapノードを含むスクリプトを開くと、エラーが表示されました。
• BUG ID 420472 - High DPI: スクリプトエディターのテキストが期待どおりに表示されませんでした。
• BUG ID 421268 - GridWarpTracker: キーフレームの作成を元に戻すと、グリッドがドープシートから削除されました。
• BUG ID 421269 - GridWarpTracker: キーフレームの作成を元に戻すと、調整グリッドからすべてのキーフレームが削除されました。
• BUG ID 421648 - 特定のH.264エンコードされた.mp4または.movファイルを読み取ると、最初の数フレームをデコードできず、エラーが表示されました。
• BUG ID 422162 - High DPI: ドープシートでロックを有効にしても、ボタンが正しく強調表示されませんでした。
• BUG ID 422201 - C_STMapとNukeのSTMapノードが必ずしもまったく同じ結果を生成するとは限りませんでした。
• BUG ID 422379 - GridWrapTracker: track_nameラベルが正しくスケーリングされず、
Trackerへのエクスポートで名前が変更されました。
• BUG ID 422385 - バージョンのリンク:[preference]をクリックしてタイムラインに追加されたクリップは常にリンクされていません。
• BUG ID 422572 - C_STMap:LanczosフィルターのRadiusコントロールがありませんでした。
• BUG ID 423235 - macOS Catalinaのみ: プロジェクトのエクスポートプリセットは、mov32サポートの廃止を反映するように更新されていません。
• BUG ID 423239 - macOSのみ:Nukeのファイルブラウザーのアイコンが正しく選択解除されませんでした。
• BUG ID 424826 - Shuffle2: Inドロップダウンを変更してからアクションを元に戻すと、期待どおりに機能しませんでした。
• BUG ID 426069 - Audio:.movショットをエクスポートすると、関連するビデオトラックよりも数ミリ秒短い音声トラックが生成されました。

 

上記以外の情報は12.1v2リリースノートをご参照ください。

Nuke 12.1v2リリースノート

Nukeの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/nuke/download

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ