Created on | Updated on

URL template を使ってみる

特定のフィールドの値を、URLの一部にはめ込んで開くというものです。
Shotgun内のURLでも、外部URLでも利用できるため活用方法によっては、
社内システムと連動させたり、関連タスク表示のショートカットができるかもしれません。

ここでは、アセット名に入っている値で、画像検索をするというものを作成してみます。

URLテンプレートタイプのフィールドを作成します。

 

mceclip0.png

https://www.google.co.jp/search?q={code}&tbm=isch

というURL入れました。google検索をするためのものです。
ここの {code}は、アセットというフィールドのフィールドコードです。他のURLは同じですが、ここだけが変数になります。

mceclip1.png

このような状態になりますが、開くをクリックすると、
mceclip2.png


アセット名 フィールドの情報を拾って、指定のURLページを開きます。
mceclip4.png

 

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ