Created on | Updated on

リモートアクセスのフローティングライセンスをセットアップする方法

 

(原文)
https://support.pixologic.com/Knowledgebase/Article/View/335/95/how-to-set-up-floating-licenses-for-remote-access

COVID-19危機のおかげで、アーティストや学生がZBrushにリモートでアクセスできる方法を見つける必要がある企業や学校が増えています。

フローティングライセンス(サーバー管理)のお客様の場合、実際に非常に簡単に実現できます。

  1. サーバーにFQDNがある場合は、1seat.licファイルに配置できます。
    現在ライセンスにあるホストアドレスをFQDNに置き換えるだけです。 サーバーにFQDNがない場合、それを設定するのは難しくありませんので、当社からのサポートは必要ありません。 (ちなみに、FQDNの代わりに静的IPアドレスが機能します。)
  2. 次に、ネットワークと外部の世界との間のファイアウォールでTCPポート2376および2377を開くだけです。 クライアントユーザーに提供する1seat.licファイルでポートを編集するだけで、代わりに異なるポートを使用できます。
  3. license_ZBrush4_1_1seat.licファイルとFloatingLicenseDLL.dllおよび.libファイルとともに、ZBrush FLインストーラーをユーザーに配信します。 もちろん、これらのファイルをクライアントインストールに追加する場所についての指示を提供する必要があります。

ユーザーのマシンがインターネットにアクセスできる限り、FQDN(または静的IP)を使用してサーバーを見つけ、シートをチェックアウトできます。

サーバー上のpixologic.optファイルを介してアクセスを制御できます。 RLMは、そのファイルの編集をサポートして、承認されたユーザーグループを作成し、そのグループにユーザーを追加して、他のユーザーがZBrushを使用できないようにします。 この方法でISVオプションファイルを使用する方法の説明は、https://reprisesoftware.com/RLM_License_Administration.pdfの68ページから始まります。

これまでに1つのプラットフォーム(WindowsまたはmacOS)にしかクライアントがなかった場合、両方が必要になる可能性があります。 その場合、他のプラットフォームのサポートを開始できるように、必要な.dllまたは.libを作成する必要があります。 サポートチケットを送信して、これをリクエストしてください。

一部の企業では、このリモートアクセスを許可するために新しいサーバーを構成する必要がある場合があります。 たとえば、クラウドベースのサーバーをセットアップしたい場合があります。 これが必要な場合は、サポートチケットを送信して、サーバーの移動方法に関する情報をリクエストしてください。 この状況では、新しいライセンスファイルを作成する必要があります。

サーバーに一時的なシートを追加することはできませんのでご注意ください。 フローティングライセンスの実装には、時限爆弾ライセンスの機能は含まれていません。

Pixologicチームは、この世界的な危機に直面した場合でも、可能な限り最高レベルのカスタマーサポートを確保することに引き続き取り組んでいます。 当社のサポートチームは非常に機敏で、COVID-19の発生が始まる前にリモートで機能できるように既に適応されていました。 私たちは、この変化する世界をナビゲートすることをサポートするためにここにいますのでご安心ください ...少なくともZBrushに関しては!

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ