Created on | Updated on

Substance Alchemist: マテリアル作成の中心へ

本日、新しいSubstance Alchemistのリリースにより、マテリアル作成ワークフローの新たな一歩を踏み出しました。

ここ数ヶ月は忙しかったです。 ご協力、ご意見、アンケートへの回答により、Substance Alchemistを成長させるためにできるすべての(長い)リストを作成しました。 そして、私たちは作業に取り掛かりました。 苦労しながらも次々とタスクに取り組んできました。 緊急事態により、バグ修正リリースが必要なものもありました。 他のタスクは、今日まで片隅にとどまっています。

たとえば、チャンネルパッキングにより、マテリアルをどこにでもエクスポートできるようになりました。

alchemist_comm_multi_renderers.gif

しかし、この機能については後ほど説明します。 今日、変更点の長いリストを提供します。 本当に変更が多いため、完全なリリースノートへのリンクを直接提供しています。

そして、この新しいバージョンのSubstance Alchemistで何ができるかをお見せしましょう。このアップデートのおかげで、マテリアル作成の真の中心機能になります。

mceclip0.png

Substance Alchemist.でマテリアルを作成するということが何を意味するのかを詳しく見てみましょう。 たとえば、このジャングルの地面をみてましょう。

ue4_render.jpg

Substance Alchemist ですべての入力を処理しよう

アーティストは、さまざまなソースからインスピレーションを得ることを好みます。おそらく世界中を歩き回っている間に集めた写真のリファレンスを使ったり、オンラインで見つけた画像、または専用ウェブサイトからのアセットを使うかもしれません。 たぶん、これらすべての異なる場所からの要素をブレンドすることを好むでしょう…

mceclip1.png

Substance Alchemistでマテリアルを作ってみよう

ちょっとずつ使用し、Substance Alchemistでジャングルの地面を作ります。 ここにある、Megascansのこの美しい地面から始めることにしました。

megascans-ground.jpg

そして、Substance Sourceのアトラスでリアリズムの詳細を追加しましょう。 (リマインダーとして、Substance Sourceに多数のアトラスがあります。詳細はこちらをご覧ください。)

sourceatlasesexample.jpg

数ステップで、Substance Alchemistでマテリアルは形になります! ブレンドモードとフィルターを使用して、マテリアルに仕上げを追加します。

alchemist_interface_jungleground.jpg

新機能! チャンネルパッキング:どこでもマテリアルを使用可能

新しくなったエクスポートウィンドウのおかげで、UIが改良され、新しい機能にアクセスしやすくなりました。特定のゲームエンジンのテクスチャをパックするためにプリセットをエクスポートしたり、次のエクスポート用にエクスポート設定を自動的に保存したり、インポート& エクスポートプリセットを管理します。

プリセットの選択を忘れないでください。 この素晴らしい新ツールを使用すると、レンダラーまたはゲームエンジン用にマテリアルを直接パックできます。 Unity HDRPでこれがどのように見えるか見てみましょう:

alchemistexportwindow.jpg

以下のエンジンとレンダラーをサポートしています:Unreal Engine 4、Unity Standard、Unity HDRP、Blender Cycles / Eevee、Arnold 5、Corona Render、Enscape、Keyshot 9、Redshift、Vray Next、Lens Studio、Spark AR Studio、そしてもちろん PBRメタリックラフネスからのPBRSpecular/Glossiness。

6つの異なるレンダラーでジャングルグラウンドのマテリアルがどのように見えるかを見てみよう!

Unreal Engine:

ue4_interface-1024x575.jpgue4_render__1_.jpg

Unity:

unity_render.jpgunity_interface.jpg

Maya with Arnold:

maya_arnold_render.jpgmaya_arnold_interface.jpg

 3ds Max with VRay:

3dsmax_vray_render.jpg3dsmax_vray_interface.jpg

3ds Max with Corona:

3dsmax_corona_render.jpg3dsmax_corona_interface.jpg

ちょっと待って!まだまだ機能はあります!

Substance Alchemistを使用すると、スタジオ専用の新機能が追加されます。 リソース構成にアクセスできるようになりました。これにより、チーム全体が同じリソースで作業することを保証できます。 詳細はこちら。
更新チェッカーを使用すると、使用するソフトウェアバージョンを制御し、インストールする更新プログラムを選択できます。 詳細はこちら。
最後に、カスタムエンジンまたはシェーダーに合わせて新しいエクスポート機能をカスタマイズできます。 詳細はこちら。

完全なドキュメントはこちらです。

Substance Alchemistについて学びたいですか? この新しいリリースを最大限に活用できるように設計されたチュートリアルをご覧ください!

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ