Created on | Updated on

Mari 4.6v3リリースノート

Mari4.6v3でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS
Windows 7 64-bit またはそれ以上
Linux 64-bit  (CentOS/RHEL 6)
macOS Mojave 10.14 またはそれ以上

 

新機能

このリリースに新機能はありません

機能強化

ID 422495-レイヤーを切り替えてNodegraphを編集するときのMariのパフォーマンスが向上しました。 次の最適化が行われました。

ビューアーノードの現在アクティブな入力に影響しないノードグラフの変更は、シェーダーコンパイルまたはスカラーデータチェックをトリガーしなくなりました。 これらには、ノード/レイヤーの追加と削除、ノード/レイヤーまたはそれらの入力の有効化または無効化、およびノード/レイヤーの再順序付けが含まれます。
現在、選択グループパレットは、現在のオブジェクトまたはオブジェクトバージョンが変更されたときにのみ更新をトリガーします。
Layerstackの高度なブレンドオプションは、レイヤーを切り替えるときにコンパイルされます。 現在、このUIはボタンが選択されたときにのみ構築されます。
ベイクポイントが改善され、入力接続が変更されたときにシステムシェーダーが誤ったダウンストリーム伝播を引き起こさないようになりました。
レイヤーおよびノードプロパティのUIウィジェットの構築に費やす時間が短縮され、セットアップ時間が短縮されます。

バグ修正

ID 421639-Nodegraphを開いた状態で作業する場合、Backdropノードを使用すると、アプリケーションのパフォーマンスが低下します。

ID 424126-マテリアルをノードグラフにドラッグアンドドロップした後、マテリアルノードの作成を元に戻すとクラッシュしていました。

ID 422984-キューブマップ配列が現在のプラットフォームで無効になっているか使用できない場合、環境ライトからの拡散照明は正しくコンパイルされませんでした。

ID 426586-グループノードからダウンストリームに加えられた変更は、ベイクポイントによって誤って無視され、UIが古いものとして表示されません。

ID 424060-ネストされたノードに加えられた変更は、ダウンストリームに正しく伝わらず、グループ外のベイクポイントノードをダーティにします。

ID 423099-macOSのウィンドウ[X]ボタンを使用してポップアップダイアログを閉じることができませんでした。

ID 423119-macOSでカラーピッカーダイアログを適切にサイズ変更できませんでした。

ID 414321-NodegraphでTabキーを使用すると、ノードの作成ポップアップメニューが常に表示されるとは限りません。

ID 423268-ユーザーが以前にノードプロパティを編集した場合、macOSでTabキーを使用してもNodeGraphに[ノードの作成]ポップアップダイアログが表示されません。

ID 423834-[Project Settings]ダイアログの[OCIO Config]ドロップダウンから[Custom]を選択すると、macOSでMariがクラッシュしました。

ID 423843-レイヤーをエクスポートすると、macOSで断続的にクラッシュする

ID 425040-Modo Render&Bake Paletteでのレンダリングは、カメラを動かしたときにリアルタイムで更新されませんでした。

ID 422832-Modoパレットから未指定の宛先にベイクしようとすると、警告ダイアログに誤った文法が含まれていました。

バグの修正や既知の問題などについては本文のMari4.6v3リリースノートをご参照ください。
Mari4.6v3リリースノート

Mariの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/mari/download 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ