Created on | Updated on

Windows で Autodesk Network License Manager をセットアップする方法

Windows コンピュータでライセンス サーバをセットアップするには、次の操作を行います。
  1. Windows 用の Network License Manager をダウンロードしてインストールします。
  2. LMTools を起動し、[System Settings]タブに移動します。ライセンス サーバの「ホスト名」と「イーサネット アドレス」をメモしておきます。
  3. Autodesk Account でネットワーク ライセンス ファイルを生成します。
  4. [Service/License]タブにある[Configuration Using Services][LMTOOLS ignores license file path environment variables]を選択します。
  5. [Config Services]タブにある[Service Name]フィールドに、新しいサービスの名前を入力します。
  6. [Browse]ボタンを使用して、次のフィールドに値を入力します。
    • [Path to the lmgrd.exe] - 次のフォルダを指定します: C:\Autodesk\Network License Manager
    • [Path to the License file] - 新しい Autodesk.lic ファイルのパスを指定します。通常のバス: C:\Autodesk\Network License Manager\Licenses
    • [Path to the Debug Log file]: C:\Autodesk\Network License Manager
    • ファイルが存在しない場合は、メモ帳でテキスト ファイルを作成し、その名前を「debug.log」に変更します。
  7. [Start Server at Power Up]および[Use Services]のボックスにチェックが付いていることを確認してください。 その後、[Save Services]をクリックします。
  8. [Start/Stop/Reread]タブで、[Start Server]をクリックします。
  9. [Server Status] タブで、[Perform Status Enquiry]をクリックします。
  10. ライセンスが「アクティブ」として表示されます。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ