Created on | Updated on

SIDEFX LABS | RIZOMUV BRIDGEを使用する

RizomUVは、UVデータの生成に特化した素晴らしいソフトウェアです。 以下のチュートリアルでは、さまざまなノードとその機能について説明します。

まず、RizomUVをHoudiniで使用するにはライセンスが必要になります。30日の評価ライセンスもあるので、まずは評価ライセンスで試すことが可能です。

評価用ライセンスのアクティベーション

  • https://www.rizom-lab.com/にアクセス
  • Downloadからインストーラーをダウンロード
    001.png
  • ソフトウェアをインストールするとHostIDが表示されます。
  • 評価ライセンスを申請するWebサイトにて取得したHostIDを入力し、Add to cartをクリック
    https://www.rizom-lab.com/product/rizomuv-virtual-spaces-nodelocked-evaluation/

    002.png
  • アカウントの作成画面が表示されるので必要情報を入力しアカウントを作成
  • アカウントで評価ライセンス0円のオーダーが完了したら、アカウントからライセンスダウンロード
    003.png
  • RizomUV起動時にLicense Managerが開くので中央あたりにあるLicense Folderを指定するボタンをクリックし、ライセンスがインストールされているフォルダを指定
    004.png
  • ライセンスが通ると、RizomUVが起動します。
    005.png

ライセンスが有効になるとHoudini でもRizomUVがインストール可能になります。
RizomUVをHoudiniで使用するには、SideFX Labsをインストールする必要があります。

006.png


Test Pigを使用して、RizomUVを使用してみます。

RizomUVを使用する

  • RizomUV Unwrapを接続します。
    007.png
  • 自動的にUnwrapされます。
    008.png

ビューポートで表示するためにLabs UV Visualizeを追加しています。
Methodが展開手法です。デフォルトで良い感じに展開されていますが、あごの下が少し伸びているように感じます。

  009.png

  • Stretch Controlを有効にします。
    010.png
    011.png

 例えば下記のようなUVを整列したい場合も、RizomUVを使用できます。


Rizom UV Processorを使用し、スクリプトベースで実行も可能です。
Rizom UV Processorにて、歯車アイコンから下記赤枠で囲んだ部分からサンプルをクリックするとスクリプトが入力されます。

018.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ