Created on | Updated on

XGen 毛根/毛先のカラー の割合を変えたい

XGenのディスプリクションにアサインされているhairPhysicalShaderでは「毛根のカラー(rootColorD)」及び「毛先のカラー(tipColorD)」を使って毛先の退色などを表現することができますが、この割合をコントロールする機能はありません。 ここではrampシェーダーを使ってこれを実現する方法をご紹介します。

  1. 「毛根のカラー(rootColorD)」及び「毛先のカラー(tipColorD)」を使って毛の色に変化をつけることができます。
    XGen_RootTipColor0_0b.png

    XGen_RootTipColor0_0b.png

    XGen_RootTipColor0_0a.png

     
  2. rampシェードを一つ作り、これを「毛根のカラー」と「毛先のカラー」に接続します。
    XGen_RootTipColor0_1b.png
     
  3. rampシェーダ > ランプ アトリビュート の左側が「毛根のカラー」、右側が「毛先のカラー」になりますので、ここで割合を変えます。
    XGen_RootTipColor0_1c.png XGen_RootTipColor0_1a.png
    XGen_RootTipColor0_2c.png XGen_RootTipColor0_2a.png
    XGen_RootTipColor0_3c.png XGen_RootTipColor0_3a.png
     
  4. ジオメトリ インスタンサ(レガシーのXGen)ではViewport2.0でrampを再現できますが、インタラクティブ グルーミングではArnoldレンダリングでのみ再現できます。
インタラクティブ グルーミング
XGen_RootTipColor0_4a.png XGen_RootTipColor0_4d.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ