Created on | Updated on

初めてプロジェクトデータを構築する際の事前準備

初めてプロジェクトのデータを構築する場合は、どういう内容をどういう作業工程で、
何のステータスで管理をするかという情報が必要です。

管理項目(エンティティ)
・ショット、アセットなどデフォルトのエンティティを使用する
・2D、エフェクト、UIなどの独自のエンティティ(カスタムエンティティ)で管理する

パイプラインステップ(作業工程)
・各エンティティをどのような作業工程で管理するか

タスク管理で使用するステータスの種類
準備中
作業中
修正中
チェック中
完了

など

その他の情報
優先度、難易度、種類、時間帯、レンダーサイズ などの属性情報


下記のような図があると分かりやすいです。

カット管理

mceclip0.png

2Dイラストと3Dモデルの管理
mceclip0.png

ボーンデジタルサポートでテンプレート作成を行う場合などにも確認をさせていただいています。
弊社では、導入前のトライアルユーザー向けに、各社に合わせたテンプレートを無償で作成しております。
担当の空き状況にもよりますが、3日ほどで完成できます。

プロジェクトデータ作成(デモ80分)

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ