Created on | Updated on

Subsstance Painter 2019.3リリースノート

https://docs.substance3d.com/spdoc/version-2019-3-188973873.html

Substance Painter 2019.3では、Photoshopブラシプリセットのサポートとメッシュの自動UVアンラッピングが導入、グラフィックタブレットの取り扱いの改善など、さまざまな生活の質の改善を実現します。リリース日:2019年12月17日

主な機能

Photoshop ブラシプリセットのサポート(ABR)

banner_abr.png

Substance PainterでPhotoshopブラシを使用できるようになりました。 プリセットをABRファイルとしてエクスポートするだけで、通常のブラシプリセットとしてインポートできるようになりました。 ABRファイル内に含まれるプリセットは、個別のブラシプリセットとしてシェルフに表示されます。

インポートするABRファイルがない場合、それらの多くをオンラインで見つけることができます。

Photoshopブラシをサポートするために、ペイントツールのプロパティにさまざまな新しい機能が追加されました。

  • 新しいSizeとFlow Minimuパラメーター
    筆圧が有効な場合に、ツールの最小サイズと最小フローを指定できるようになりました。 このパラメーターは、定義されている現在の最大サイズ/フローに基づくパーセンテージとして機能します。 Photoshopのブラシプリセットを使用すると、これらの設定は自動的に調整されます。
    size_minimum.png

  • 新しいPosition Jitter パラメーター
    Photoshopのブラシの動作に合わせるために、いくつかの新しい設定を追加しました。 ジッタを適用する軸とランダムな位置の分布方法を定義できるようになりました(Photoshopに一致するようにUniformを選択します)。
    position_jitter_settings.png
    gaussian_vs_uniform.png

  • 新しいアルファブレンドモード
    PhotoshopとSubstance Painteは同じようにブラシストロークを合成しません。そのため、ペイント結果に合わるために新しいブレンドモード(Lighten)を追加しました。 このブレンディングモードは、スタンプが重なったときに過剰に蓄積することはありません。これにより、低いFlow / Opacity値でペイントするときの筆圧を改善できます。
    alpha_blend_mode.png
    lighten_vs_normal_demo.png

  • 真円度(Roundness)と反転(Flip)のサポート
    Brush Maker Photoshopという名前の新しいSubstance Alphaが追加され、Roundness(Alphaの高さをスケーリング)やFlip(両方の軸で画像をミラーリング)などのパラメータをサポートします。 このSubstance Alphaは、ABRファイルからのブラシプリセットをクリックすると自動的にロードされます。
    brush_maker_photoshop.png
    brush_maker_photoshop_settings.png

  • レイヤーのアルファチャネルに対する新しいガンマ補正
    Photoshopは、リニアガンマ空間でブラシストロークをブレンドしません。つまり、Photoshopブラシプリセットでペイントすると、ブレンドと不透明度が間違って見える場合があります。 レイヤーで新しい設定を有効にして、その動作に合わせてガンマ補正を適用できます。 これは、ブラシストロークのペイントに使用されるアルファ、およびレイヤーのマスクを使用して他のレイヤーとブレンドする方法に影響しますが、レイヤーのブレンドモードはリニアガンマ空間で動作します。
    この設定を有効にするには、レイヤーを右クリックして、ガンマ補正されたアルファ/マスクを選択します。 この設定が有効になると、レイヤーの横に新しいアイコンが表示されます。
    layer_menu.png layer_icon.pnggamma_correction_demo.png

  • 間隔(Spacing)と位置のジッター(Position Jitter)の最大値を増加
    Photoshopのブラシプリセットパラメータを適切に一致させるために、次のパラメータの最大値が増加しました。
    • Spacing: 最大値を1000に設定できるようになりました。
    • Position Jitter: 最大値を1000に設定できるようになりました。

ABRファイルをエクスポートしてインポートする方法などの詳細については、Photoshopブラシプリセットのドキュメントをご覧ください。

 現在、すべてのPhotoshopブラシパラメータがサポートされているわけではありません。詳細については、互換性リストを参照してください。

ペイントおよびグラフィックタブレットのサポートの改善

banner_painting_improvements.png

Photoshopのブラシプリセットのサポートに加えて、グラフィックタブレットの使用を改善するために多くの改善と修正が行われました。

  • 直線の最初のスタンプはもう2倍になりません
    直線をペイントするとき、最初のスタンプはもう複製されません(直線位置を配置するためだけにスタンプを元に戻す必要はありません)。
    straight_line_double_stamp.png

  • 直線筆圧補間
    直線は筆圧をサポートするようになりました。 筆圧値は、最初のスタンプと最後のスタンプの間で補間されます。
    straight_line_pressure.png

  • 新しいブラシプレビューモード
    ビューポートのブラシプレビューをさまざまな視覚化モードに変更できるようになりました。 モードを変更するには、コンテキストツールバーの新しいドロップダウンボタンをクリックするだけです。
    brush_outline.png

  • 筆圧カーブ
    コンテキストツールバーで、筆圧の解釈方法を定義できるようになりました。 これらの新しい設定は、異なるペイントスタイルを可能にする圧力の蓄積速度を制御します。
    • Linear: 変換なし、グラフィックタブレットのペンによって提供されるようにそれが取得した圧力。 この設定は、タブレットドライバーの設定で筆圧曲線が既に定義されている場合に使用します。
    • Ease In (default): 圧力の始まりを遅くして、細いストロークやかすかなストロークを簡単にペイントできるようにします。
    • Ease In Out: 圧力の開始を遅くし、終了を高速化して、ソフトまたは強いストロークを簡単にペイントできるようにします。
    pressure_curve.png

  • 圧力ボタンはドロップダウンではなくなりました
    筆圧ボタンをシンプルなオン/オフに変更し、ドロップダウンリストをもう表示しません。 これにより、圧力の有効化と無効化がより迅速になります。
    contextual_toolbar_pen_pressure_button.png

  • グラフィックタブレットのサポートの改善とWindows Inkへの切り替え
    グラフィックタブレットの処理方法を見直しました。 これにより、一般的にグラフィックタブレットの最近のモデルとの互換性が向上し、過去に発生した問題の数が減ります。 Windowsでは、互換性を改善するために、WintabではなくWindows Inkに切り替えました。

自動UVアンラッピング(ベータ)

banner_uv_unwrap.jpg

Substance Painterは、UV座標が欠落しているメッシュを自動的にアンラップします。 これにより、あらゆる種類のジオメトリをインポートし、すぐにペイントを開始できます。 UVアンラッピングシステムは、マテリアルの割り当てに従ってテクスチャセットを作成しながら、サブメッシュごとに1つのUVアイランドを生成します。 この機能は現在ベータ版であり、将来のバージョンで進化します。

  • 自動UVアンラッピング
    デフォルトでは、Substance Painterは、欠落しているメッシュのUV座標を自動的に生成します。 これは、プロジェクトの作成とメッシュの再インポートの両方に適用されます。 ただし、メイン設定に移動し、[Import Options]で[Enable automatic UV unwrapping]を無効にすることで、この動作を無効にすることができます。
    uv_unwrap_setting.png

  • UVアンラッププログレスバー
    メッシュをインポートするとき、プロセスの現在の状態を示す進行状況バーが表示されるようになりました。 これには、UVアンラッピングプロセスも含まれます
    uv_unwrapping_progress.png

  • 現在既知の問題
    この新機能は現在ベータ版であるため、いくつかの問題が予想されます。 現在既知の問題のリストを取得するには、以下のリリースノートを参照してください。 アプリケーションがクラッシュして誤った結果が生成された場合は、アプリケーションを介してクラッシュまたはバグレポートを送信し、問題の調査とプロセスの改善に役立てることをお勧めします。

    自動アンラップを視覚化するために、新しいジェネレーターがシェルフに追加されました。 使用するには、新しいレイヤーを作成し、ジェネレーターエフェクトを追加して、新しいUVチェッカーリソースをロードします。

Substance統合の改善

banner_substance.png

待望の機能をサポートするだけでなく、ダイナミックストローク機能などの既存のシステムを改善することにより、Substance形式の統合を引き続き改善しています。

  • ソフト範囲スライダをクランプしない
    これまで、Substanceグラフから公開されたスライダーは、常にクランプされたように動作していました。入力できる値の意味は、パラメーターで定義されているデフォルトの最小値と最大値を超えることはできません。
    slider_soft_range.gif

  • パラメーターで定義されたステップのサポート
    スライダーを微調整するときに、定義済みのステップを持つパラメーターを持つSubstanceグラフが考慮されるようになりました。

  • フロートスライダーの桁精度の向上
    フロートスライダーは、小数点以下6桁まで下がる入力値を持つことができます。 ただし、これは浮動小数点の精度によって制限されます。つまり、場合によっては値の入力が丸められる可能性があります。

  • ダイナミックストロークを使用した新しいランダムシードコントロール
    定義された範囲で複数のランダムシード値を要求できるようになりました。 これにより、キャッシュリサイクルの恩恵を受けて、優れたパフォーマンスを得ながら、ユニークでランダムなSubstanceのバリエーションを作成できます。[ Dynamic Stroke]グループの下で、[Random Seed Type ]パラメーターを[Random Per Stroke]または[Random Per Stamp]に切り替えて、新しいパラメーターにアクセスします。 Random Sample Amountは、合計で生成されるSubstanceのバリエーションの数を定義します。 選択された量が生成されると、すでにランダムなバリエーションがセット内で選択されます。
    dynamic_stroke_random_seed.png

  • 新しいユーザーデータStatic Dynamicストローク
    新しい最適化が追加され、Substanceをダイナミックストロークと見なすことができるタイミングを指定できるようになりました。 Visible Ifと同様に、Userdataフィールドに条件を追加して、Substance Painterがダイナミックストローク機能を使用して新しいSubstanceバリエーションを生成する条件を指定できるようになりました。 詳細については、ユーザーデータのドキュメントを参照してください。

  • すべてのチャンネルのマスクとして出力ノードを指定する新しいユーザーデータ
    新しいユーザーデータを出力ノードに追加して、他のすべてのチャンネルのアルファマスクとして使用できるようになりました。 これは既存のchannels_Alphaシステムに似ていますが、Substanceグラフに新しい専用出力を作成する必要はありません。 詳細については、ユーザーデータのドキュメントを参照してください。

その他の改善

banner_baking.jpg

Substance Painter内での日々の作業に役立つはずの、アプリケーションの残りの部分でさまざまな改善が行われました。

  • 独立したビューポート焦点
    2Dおよび3Dフォーカス(Fショートカット)は、次の動作で変更されました。:
    • 2Dビュー上にマウスを移動:Fを押すと、2Dビューのみがフォーカスされます
    • 3Dビュー上にマウスを移動:Fを押すと、3Dビューのみがフォーカスされます。
    • ビューポート外にマウス:Fを押すと、2Dビューと3Dビューの両方に焦点が合わせられます。
    viewport_focus.gif

  • ベーキングウィンドウのキーボードとメニューのショートカット
    ベーキングウィンドウは、次の2つの新しい方法で開くことができます。
    • Ctrl + Shift + Bを押す.
    • [Edit]メニューに移動して、[Bake Mesh Maps]をクリックします。
    bake_mesh_maps_menu.png

  • Ctrl + Alt +左クリックのショートカットでドックとウィンドウをスクロール
    マウスホイールを使用せずにウィンドウとドックをスクロールできるようにする新しいショートカットが追加されました。 このショートカットを使用して、現在スクロール可能です。
    scroll_shortcut.gif

  • パフォーマンスの改善
    バックグラウンドでは、Substance Painterの一般的なパフォーマンスを改善するための多くの最適化が行われています(プロジェクトのオープンからペイントまで)。

新しいコンテンツ

banner_content.jpg

このリリースでは、多くの新しいコンテンツが追加されました。

  • 「Meet Mat」サンプルプロジェクトを更新
    Matは新しいトポロジで更新され、ディスプレイスメントと互換性があります。 IDマップが更新され、より多くのマスキングの可能性が提供され、プロジェクトに含まれるカメラのセットが変更され、新しい表示角度が提供されます。

  • 新しいフィルター
    • Comic Book
    • Watercolor
    • Oil Paint (inspired by Emrecan Cubukcu work)
  • 新しいブラシプリセット
    • Kyle T. Websterのパックの102個のPhotoshopブラシプリセット。
    • 18の新しいブラシプリセット:ペイントローラー矢印、ペイントローラー警告テキスト、チャコールファインなど

  • 新しいツールプリセット
    • Gouache Dense.
    • Gouache Faded.

  • 新しいアルファ
    Maker Paint Rollerブラシ, Maker Photoshopブラシ, パターンブラシ等.
  • 新しいジェネレータ
    UVチェッカー(UVアイランドとシームを強調)

  • 新しいテンプレートと出力プリセット
    • Keyshot 9+
    • Spark AR Studio (Facebook)

このリリースでは、CentOS 6.xはサポートされなくなりました。
CentOS 7.xでは、依存関係の問題が原因でアプリケーションが起動しない場合があります。問題を解決するには、システムを更新するか、インストールフォルダーに次のライブラリをコピーします。

Release Notes

 

2019.3.0

(Released December 17, 2019)
Summary : Major release with improvment of handpainting user experience, working with tablets, automatic UV unwrapping in beta (0.3.0) and diverse new content for handpainting

 

Added:

 

  • Integrate Automatic UV unwrapping 0.3.0 version in Substance Painter
  • [UV unwrapping] Automatic UV unwrapping in Substance Painter when No UVs present or partial UVs
  • [UV unwrapping] One Global setting to activate and deactivate it
  • [UV unwrapping] Version reported in log file
  • [UV unwrapping][UI] Indicate UV Unwrapping progress
  • [UI] New settings in contextual toolbar to select the brush preview: Full preview, Brush outline and Crosshair
  • [Tool] New advanced blending mode in alpha section: Lighten (Maximum) in addition to Normal
  • [Layer Stack] Gamma correction option per layer for alpha or mask (right click menu)
  • [Layer Stack][UI] Add 'i' icon when a layer alpha is gamma corrected
  • [Tablet][Tool] Expose minimum pressure for size and flow
  • [Tablet][UI] New setting in contextual toolbar to select the curve pressure: linear, easy-in, easy-in-out
  • Import Photoshop brush presets (ABR format)
  • [ABR] Support Shape parameters
  • [ABR] Support Shape dynamics parameters
  • [ABR] Support Transfer parameters
  • [ABR] Support Scattering parameters
  • [ABR][Dynamic strokes] Support Roundness and Flip
  • [ABR][Shelf] Expose the brush folder structure in the Filter Editor
  • [ABR][Shelf] Add Photoshop icon in thumbnails
  • [ABR][Shelf] Add list of unsupported parameters in the ABR detailed thumbnail
  • [Tool][Dynamic Strokes] New dynamic stroke setting to control how many random seed to generate
  • [Tool][UI] Add new distribution and axis settings for Scattering jitter
  • [Shortcut] Add Ctrl+Shift+B to open the Baking window
  • [UI][Menu] Add entry in 'Edit' menu to open Baking window
  • [UI][Settings] Improvement alignment of the shortcuts list
  • [UI] Replace pressure controls (size and flow) icons by on/off buttons
  • [Viewport] Allow to focus 2D and 3D viewport separately
  • Update to QT 5.12.5
  • [UI] Indicate mesh loading progress
  • [Substance] Add support for non-clamped and soft range with sliders
  • [Substance] Increase Substance parameters precision up to 6 decimals
  • [Substance] Take into account the step defined by a parameter
  • [Substance] Optimize Dynamic Stroke generation with support of conditions in userdata
  • [Substance] Allow to designate a graph output as a mask for all channels via userdata
  • [Content] Update 'Mat' sample project with displacement friendly topology, new ID map and new cameras
  • [Content] Integrate 3 new filters (MatFx): Comic Book, Watercolor, Oil Paint (inspired by Emrecan Cubukcu work)
  • [Content] Integrate 102 Photoshop brush presets from Kyle T. Webster's packs
  • [Content] Integrate 18 new brush presets: Paint Roller Arrow, Paint Roller Warning text, Charcoal Fine and more
  • [Content] Integrate 9 new alphas: Brush Maker Paint Roller, Brush Maker Photoshop, Brush patterns and more
  • [Content] Integrate 2 new tool presets: Gouache Dense and Gouache Faded
  • [Content] Integrate 1 new generator : UV checker (highlight UV islands and seams)
  • [Content] Integrate 2 new export preset: Keyshot 9+ and Spark AR Studio
  • [Content] Integrate 1 new project template : Spark AR Studio (Facebook)

 

Fixed:

 

  • [Tablet] Undoing stylus strokes (Ctrl+Z) lags more than undoing mouse strokes
  • [Tablet] Start and end pressure not taken into account when drawing a straight line
  • [Tablet] First stamp is drawn twice when using a straight line
  • [Tablet] Improve support for Huion tablet shortcuts
  • [Tablet] Improve support for Huion pen buttons
  • [Tablet] Offset between the brush preview and the drawn stamp
  • [Tablet] Shortcuts to modify brushes with pen lead to low performance in rare cases
  • [Tablet] Lag when painting on a specific layer
  • Blurry textures may occur in rare cases when switching viewport
  • [UI][Substance] Image inputs are not always displayed
  • Clean does not remove presets from shelf which have been imported in a project
  • [Tool][Dynamic Stroke] Performance issue when tweaking Stamp Cycle Count
  • Refresh issues while painting in 3D/2D viewport mode in rare cases
  • Painting one very long stroke can lead to a freeze
  • [Tool] Performance issue when painting with specific dynamic strokes
  • [UI] Contextual toolbar still display brush properties when selecting a folder
  • Symmetry axis values do not reset
  • Import of EXR textures with floating point values are fully black
  • Alt+click on a channel to isolate does not work for filter and generator
  • [Export] Specific project crashes at export
  • [Substance] Incorrect default value on dropdown if parameter is hidden by Visible If
  • [Shader] Channels defined via Material Layering are not sorted the same way in the UI
  • [Shelf] Presets metadata are not saved on disk

 

Known Issues:

 

  • [UV Unwrapping] Processing high poly meshes can take a long time
  • [UV Unwrapping] Vertices at the exact same coordinates are merged
  • [UV Unwrapping] UV Generation may fail on some mesh parts in some rare cases
  • [UV Unwrapping] Non uniform or highly distorted texel ratio in a single UV island in some cases
  • [UV Unwrapping] Non uniform texel ratio between Texture Sets
  • [UV Unwrapping] UV island generated can be very elongated and do not fit into UV space in some cases
  • [UV Unwrapping] Degenerated faces or non-triangular mesh faces with small or overlaping edges may not get UV unwrapped
  • Meetmat sample has some issues with imported cameras

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ