Created on | Updated on

Houdini18のガイドシミュレーションを使用する

Houdini18ではRBD Bullet Solver SOPにガイドジオメトリを設定することができるようになりました。
こちらは、Houdini18からSOPで作成することができるようになっています。


この機能による、ソルバーは近くのピースを探し、それらが他のものと衝突してバラバラになるまで同じ速度と全体的な動きを維持します。

サンプルはヘルプのRBD Bullet Solver geometry nodeから開くことができます。
またはインストールディレクトリ\help\examples\nodes\sop\rbdbulletsolverに保存されています。

https://www.sidefx.com/docs/houdini/nodes/sop/rbdbulletsolver.html

H18のBendを使用してボックスの両側が曲がるようにアニメーションしています。

アニメーションは通常のキーフレームで設定されているので、どのタイミングで行うのか完全に演出通りに作成することができますね。

mceclip0.png

ベンドアニメーションジオメトリと同じ位置に同じ大きさのBOXジオメトリを作成しました。

mceclip1.png

RBD Material Fractureを接続します。

mceclip2.png

新しいMaterial FractureではChippingがより現実的になりました。
角が壊れ、丸められます。

mceclip3.png

Detailを有効にし、断面を調整します。

mceclip4.png

Constrainsタブにて、破壊の強さとChippingの接着の強さを調整します。

mceclip5.png

RBD Bullet Solverを作成し、接続します。
mceclip6.png

Ground Planeを有効にします。

mceclip7.png

再生すると重力と地面によりジオメトリが崩れていきます。
mceclip8.png

ベンドで作成したガイドアニメーションをRBD Bullet Solverの5番目の入力(Guide Sim)に接続します。

mceclip9.png

Guide SimulationタブにてUse Guidesを有効にします。
再生するとまだ設定はよくないですが、ガイドに沿ってシミュレーションするようになりました。

mceclip10.png

Guide Simulationsタブ>Setup内にあるStrengthを0にすると今度はガイドに追従しなくなります。

mceclip11.png

Strengthにキーを設定し、途中でガイドの影響をなくすことも可能です。

Blendを使用して各ピースがガイドをシミュレーションにどのくらいブレンドするのを設定することができます。0はガイドの影響がなくなります。

mceclip12.png

End Frameでガイドアニメーションへの追従が終了するフレームを指定します。

レンダリングした場合も破壊される前の状態で亀裂がわからないようになっています。

mceclip14.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ