Created on | Updated on

Nuke Unreal Readerを連携する

この記事ではNuke13.1でNukeX/NukeStudioに搭載されたUnreal Reader(13.1ではベータ版)の連携方法について紹介します。

まずUnreal Engineをインストールします。※UnrealEngien4.27.1以降のバージョンで相互互換性を持つことができます。

インストール方法については下記のページをご参考ください。

https://docs.unrealengine.com/4.27/ja/Basics/InstallingUnrealEngine/

次にNukeとUnrealEngienを連携するためのプラグインNukeServerを下記のページよりダウンロードします。

https://www.foundry.com/products/nuke/download/unreal-nuke-server

 

NukeServerをダウンロードし、Foundryフォルダを下記にあるPluginsフォルダへコピーします。

 

Windows

C:\Program Files\Epic Games\UE_4.27\Engine\Plugins

MacOS

Macintosh HD/Users/Shared/Epic Games/UE_4.27/Engine/Plugins

または

/Applications/Epic Games/UE_4.27/Engine/Plugins

 

mceclip0.png

 

Unreal Engineプロジェクトデータを開き、[編集] > [プラグイン]でNukeサーバープラグインを見つけて有効にします。

mceclip1.png

プラグインを有効にし、必要に応じてUnrealEngineを再起動します。

mceclip3.png

UnrealEditorでWindow > NukeServerからNukeServerパネルを開きます。

mceclip0.png

 

Nukeサーバーパネルの「StartServer」をクリックして、Nukeへのサーバー接続を開始します

mceclip1.png

NukeXで、image>UnrealReaderノードを作成し、同じポート番号を使用して実行中のUnrealEditorセッションに接続します。

mceclip0.png

mceclip1.png

自動的にNukeに起動中のUnrealEngineのプロジェクトデータが認識されます。

mceclip0.png

 

NukeXとUnrealEngienの連携に関するビデオは下記から確認できます。

UnrealEngienをカスタム運用している場合、NukeServerプラグインを有効にした後でUnrealEngineでエラーが発生する可能性があります。

その場合は下記のページをご参考に回避策をお試しください。

https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/4410461859737

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ