Created on | Updated on

Nuke Cryptomatteノードを使用する

この記事ではNuke13に追加されたCryptomatteノードの使用方法について紹介します。

この機能はNuke/NukeX/NukeStudioに含まれます。

 

Cryptomatteは、V-RayRenderManなどの多くのレンダラーを使用して、DCCアプリケーションからレンダリングされたIDマットを含むOpenExrデータまたは、Nuke13.1に追加されたEncryptomatteノードを使用してマスクごとにMatteIDがあるものに有効になります。

Cryptomatteノードを使用して、IDで分けられたマットを分離し、それらの領域にのみエフェクトを適用できます。

 

Cryptomatteノードでマットを選択する

1.ReadノードからCryptomatte出力されたOpenExrの素材を読み込みます。

2.ツールバー>Keyer>Cryptomatteノードを出します。

mceclip0.png

3.IDマットが含まれる素材にCryptomatteノードをつなげます。

mceclip2.png

ビューアにCryptomatteイメージが表示されます。

mceclip1.png

※CryptomatteノードのプロパティのLayer SelectionにCryptoMaterialの表示がない場合は読み込んでいる素材にCryptomatteのIDマットが存在していません。

mceclip3.png

4.Picker Addにチェックを入れて抽出したいマットをctr+ドラッグで選択します。

ドラッグすると選択したマットのIDがMatte Listに表示されビューア上でも選択したIDマットは黄色く色が変わります。

Matte Listは手動で入力追加、削除することができ「Clear」ボタンで選択したマットをすべて削除することができます。

 

Matte Outputでどのチャンネルがアウトプットされるかを確認します。デフォルトはアルファチャンネルが選択されています。

mceclip1.png

 

これでマットを選択したcryptomatteノードをマスクとして使用することができます。

 

ここではビューティレイヤーが含まれるサンプルを使用してshuffuleノードでexrデータに含まれるビューティーレイヤーを抽出します。

shuffleノードの下にエフェクト(gradeノード)をつなげてgradeマスクにcryptomatteノードをつなげます。

mceclip0.png

下の画像はビューティーレイヤーです。

mceclip2.png

下の画像はクリプトマットノードで選択したマット部分を差し替えたり色の変更をした結果です。

mceclip4.png

 

動画で見る

 

cryptomatte素材のサンプルデータは下記からダウンロードできます。

https://cargo.borndigital.jp/public/a014d555fbd5

Cryptomatteのリファレンスガイド

https://learn.foundry.com/nuke/13.0/content/reference_guide/keyer_nodes/cryptomatte.html?cshid=Cryptomatte

encryptomatteを使用する方法について

https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/4409103381017

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ