Created on | Updated on

タイムラインのバージョンを管理する

Hiero/Hiero player/NukeStudioで、タイムラインに配置した素材のファイル名にバージョン(v1~

)をつけておくと、読み込みをせずに別のバージョンの切り替えることができるようになります。

 

バージョンを管理するファイル名のサンプル 

同一フォルダ内

myClip_v1.0001.dpx

myClip_v2.0001.dpx

myClip_v3.0001.dpx

 

クリップ名のバージョンパディングの桁が増える場合

myClip_v1.0001.dpx

myClip_v002.0001.dpx

myClip_v03.0001.dpx

 

ファイル形式はそれぞれ対応していますが読み込んでいる素材と異なる拡張子の場合はバージョンを切り替えることができません。

myClip_v1.01.png

myClip_v1.0001.dpx

myClip_v1.mov

 

ルートディレクトリ名は、バージョンを含むすべてのディレクトリで同じである必要があります。

~/version/v1/myClip_v1.0001.dpx

~/version/v2/myClip_v2.0001.dpx

~/version/v3/myClip_v3.0001.dpx

 

素材のバージョンを切り替える

読みこんでいる素材名にv1などのバージョンがついている必要があります。また、異なるバージョンv2などの素材が同一フォルダ内、ディレクトリが同じフォルダ内にある必要があります。

 

読みこんでいる素材名

A002C001_140909_R0UZ_v1.%04d.dpx

mceclip3.png

 

タイムラインに配置したアップデートしたいトラックを右クリックします。[version]>[scan for version]を選択します。

mceclip1.png

別のバージョンに切り替えることができるファイルがあれば下の画像のように新しいバージョンが見つかります。

mceclip0.png

アップデートしたいトラックを右クリック>[version]>[version up](ショートカットキーAlt+↑)を選択するとv2のトラックへアップデートします。

mceclip2.png

同じディレクトリ内にあるアップデートファイル

A002C001_140909_R0UZ_v2.%04d.dpx

mceclip5.png

Max/Min versionは同じフォルダ内にある最大/最小のバージョンにアップデートします。

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ