Created on | Updated on
フォローする

Mari 4.5v1リリースノート

Mari4.5v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS
Windows 7 64-bit またはそれ以上
Linux 64-bit operating system (CentOS/RHEL 6)

注意Linux Desktop Manager:Mariは正式にGNOMEでテストされています。一般的にKDEのような他のデスクトップマネージャではうまくいきますが、ほとんどのバグ修正はGNOMEを対象としています。しかし、XFCEのような一部のデスクトップマネージャはMariと互換性がなく、サポートされません。

新機能

マテリアルシステム

Mari 4.5では、ツールセットが大幅に改良されました - 新しいマテリアルシステムです。以前は、Mariは高品質のアセットを作成するのに優れていました。このペイント力に加えて、アーティストは量の多いアセットを複雑さが軽減され素早く簡単に作成することができるようになります。新しいワークフローにより、アーティストは1からマテリアルを作成することなく、マテリアルプリセットを使用してアセットの外観をすばやくブロックできます。それからMariのすべてのディテールペインティングの力を利用して最終的なアートディレクションを完成させ、1つのアプリケーションで両方の長所を引き出すことができます

マテリアルファイル
新しいプロジェクトで使用するために、チーム間で個別のマテリアル設定を共有することがはるかに簡単になりました。素材を複製するのに必要なものはすべて、ソース画像とともに1つのファイルにまとめられています。その後、これを必要な人に渡すことができ、数回のクリックで素材を使って作業を開始できるため、時間を節約し、ネットワーク上のファイルを探す必要がなくなります。

 

  

マテリアルインジェストツール

Mariでは、アーティストはテクスチャマップをすばやくインポートしてMariマテリアルプリセットに変換できます。マテリアルインジェストツールは、プリセットを作成し、コントロールを設定し、継続的に自分のマテリアルライブラリを成長させること、使用する準備ができてMariのシェルフにすべてをロードします。つまり、Mariを介して、わずかな労力で数千のPBRテクスチャセットを使用できます。

マテリアルレイヤー
レイヤースタックアプローチを使用したいアーティストのために、新しいマテリアルワークフローがMariの既存のレイヤーシステムに統合され、マテリアルシステムのよりスムーズな採用を可能にしました。マテリアルファイルは単純な階層化によってプロジェクトに適用され、アーティストはインターフェイスの単一領域からマテリアルプロパティ、各コンポーネントの可視性、およびグローバルマテリアルの可視性を制御できます。必要とする特定の外観 - 金属上の塗料上のほこりのような - を達成することは簡単で直接的にできます。

マルチチャンネルグループレイヤー
マルチチャンネルビヘイビアを新しいグループレイヤー機能に拡張し、アーティストがチャンネル内の他のレイヤーとは無関係にマテリアルストリームを変更できるようにしました。これにより、スタック内のすべてのレイヤーに影響を与えずに、色相の微調整などのチャンネル固有の調整を行うことができ達成しようとしている外観を完全に制御しながら、クリエイティブな自由度を高めることができます。

複数出力グループノードのサポート
ノードグラフはMariの強みであり、以前よりも複雑な制御が可能になるように更新されました。今回の改善によりノードグラフを使いやすくし、その可能性を引き出すことができます。

グループノードは、追加の任意データストリーム用に複数の出力ポートをサポートし、より複雑なワークフローのロックを解除します。インラインプロパティプロモーションでギズモやマテリアルのノブを作成するのが簡単になりました。アーティストは、1組のペアを接続するときに複数のポートを直感的に自動接続することができます。これにより、より速くより効率的なワークフローが可能になります。

Arnold標準サーフェスシェーダ
Arnoldレンダリングエンジンを使用するアーティストは、Mariでの作品が最終的なレンダリングで正しく見えるという高い信頼性でテクスチャをペイントでき、MariとKatanaの間のフィードバックループが減少します。このシェーダは、Arnoldのオートデスクチームによって作成および提供されています。

機能強化

TP 370836 - ターミナルモードまたは実行モードでMariを起動すると、利用可能な場合はRenderライセンスが使用されるようになりました。

TP 378796 - ユーザーはシェーダーパレットでシェーダーの入力のオンとオフを切り替えることができます。パフォーマンスを向上させるために、新しく作成されたすべてのシェーダで、ディスプレイスメント入力はデフォルトでオフになっています。

TP 379515 -Shelfファイルの.mshを含む複数のアイテムをShelfパレットのRMB> Load Itemsを使用して現在のShelfに同時にロードできるようになりました。これはファイルエクスプローラからのドラッグアンドドロップとも互換性があります。

TP 373228 -RGBAチャンネルデータのないOpenEXR画像がサポートされるようになりました。

TP367028 - Peturb NormalsはShaderの作成時にデフォルトでNoになります。

TP 375572 - 8ビット整数スカラーカラースペースは、すべてのスカラー整数データをカバーするように拡張されました。

TP 384427 -  統合スタックワークフローとの競合のため、 現在のチャンネル シェーダの入力オプションが削除されました。

TP 113823 / BZ 49238 - プロモートグループノードの属性が、対応するグラフレイヤ、レイヤプロパティに表示されるようになりました。

TP 364284 - ノードプロパティ パネルのデフォルトの高さが小さくなりました。

TP 379001 -ブラシチップアイコンの生成速度が向上し、グラデーションベースのブラシチップを滑らかに編集できるようになりました。

 

バグの修正や既知の問題などについては本文のMari4.5v1リリースノートをご参照ください。
Mari4.5v1リリースノート

Mariの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/mari/download